林檎舎ニュース

投稿日:2016/04/15(最終更新:2016/04/18)

平成28年熊本地震 誰でも繋げるWi-Fi「00000JAPAN」が無料開放中:通信速度は「あまり早くない」との声も

平成28年熊本地震 誰でも繋げるWi-Fi「00000JAPAN」が無料開放中:通信速度は「あまり早くない」との声も

2016年4月14日に発生した平成28年熊本地震を受け、熊本県内で携帯電話各社(ドコモ・au・ソフトバンク)などが提供する公衆無線LAN(Wi-Fi)が無料開放されています。設定方法は簡単でWi-Fiをオンにした状態でネットワーク名「00000JAPAN」を選択するだけで使用可能です。

依然として熊本県内では携帯電話が繋がりにくい状態が続いているとのことです。

【熊本県内で「Wi-Fi」無料開放】無線LANに対応しているスマートフォンやパソコンを公衆無線LANが設置されている場所に持っていき、ネットワーク名を「00000JAPAN」に設定することでインターネットを使えるようになります。
熊本県内のWi-Fi無料開放
ソフトバンク、NTTドコモ、KDDI各社は00000JAPANを発動しています。スマートフォンのWi-Fiのネットワーク名を00000JAPANに設定することでインターネットが利用できます。
現在、熊本県内に設置されたau Wi-Fi SPOTを無料開放しております。ネットワーク名「00000JAPAN」を選択いただくことで、KDDIおよびWi2のお客さまに限らずどなたでも、無線LANサービスがご利用いただけます。

熊本県内で「Wi-Fi」無料開放

 大手通信会社などが加盟する「無線LANビジネス推進連絡会」は、今回の地震を受け、熊本県内に設置している公衆無線LAN、いわゆるWi-Fiを業者との契約がなくても無料で使えるように開放しています。

 コンビニエンスストアや駅などに設置している公衆無線LANを災害時には誰でも使えるようにするものです。

 具体的には、無線LANに対応しているスマートフォンやパソコンを公衆無線LANが設置されている場所に持っていき、ネットワーク名を「00000JAPAN」に設定することで、インターネットを使えるようになります。

 これまでにKDDIとソフトバンクが開放しています。

【参照】NHKニュースウェブ

関連記事

更新情報をSNSで配信しています!
「林檎舎ニュース」アカウントのツイッターフォロー・Facebookページに
【いいね!】お願いします!
Return Top