林檎舎ニュース

投稿日:2016/04/02

酒に酔い徒歩で首都高侵入…芝公園出口付近で大出章良さんとタクシーが衝突・死亡

酒に酔い徒歩で首都高侵入…芝公園出口付近で大出章良さんとタクシーが衝突・死亡

4月2日午前1時20分頃、東京・港区の首都高速都心環状線内回りで、芝公園出口と本線をつなぐ道路上を歩いていた大田区の会社員・大出章良さん(46)がタクシーにはねられ、頭を強く打ち死亡する事故が発生しました。

警視庁高速隊が出動し事故原因などを調べていますが、大出さんが酒に酔っており出口から徒歩で侵入したとみられています。事故現場は出口から150メートルほど奥に進んだ所のようです。

【首都高に侵入 はねられ死亡】高速道路に侵入した歩行者がタクシーにはねられ死亡した。酒に酔って侵入か。
首都高に侵入、車に衝突 会社員の男性死亡
首都高、歩行者(タクシーに)はねられ死亡
はねられたのは、酒に酔った40代の男性。
はねたタクシーの運転手も気の毒だよね。
首都高に歩行者なんて、予見できるはずもない。

首都高に侵入、車に衝突 会社員の男性死亡

 警視庁によると、2日未明、東京・港区の首都高速・都心環状線で高速道路に侵入した歩行者にタクシーが衝突した。この事故で、タクシーにはねられた会社員の大出章良さん(46)が頭を強く打ち、死亡した。警視庁は事故当時、大出さんは酒に酔っていたとみて、高速道路に侵入した経緯などを調べている。

【参照】日テレニュース24

酒に酔い首都高侵入事故・タクシー運転手の過失となるのか?

関連記事

更新情報をSNSで配信しています!
「林檎舎ニュース」アカウントのツイッターフォロー・Facebookページに
【いいね!】お願いします!
Return Top