林檎舎ニュース

投稿日:2016/04/16(最終更新:2016/04/18)

4月16日午前1時過ぎから断続的に熊本県で震度6の強い余震:津波注意報は解除されるも益城町では家屋の倒壊が確認

4月16日午前1時過ぎから断続的に熊本県で震度6の強い余震:津波注意報は解除されるも益城町では家屋の倒壊が確認

2016年4月16日に日付が変わり、午前1時25分・1時45分・2時4分頃に熊本県熊本地方を中心に最大震度6強の強い余震が観測されました。それぞれ緊急地震速報の発令後、すぐに地震が起こっており、津波注意報も発令されましたが2時15分頃に津波注意報は解除されました。

津波注意報の詳細ですが、熊本県では三角・八代港・熊本港に1mの津波到達、福岡県では大牟田市三池・太良町大浦野崎で1mの津波到達が予想されています。午前2時過ぎの時点では、津波による被害状況は報告されていませんが、地震被害が集中している熊本県益城町では家屋の倒壊などが報道されています。

4/16 2時4分頃の地震状況
4/16 1時45分頃の地震状況
4/16 1時25分頃の地震状況

熊本県で震度6弱

16日午前1時44分ごろ、熊本県で震度6弱の揺れを観測する地震がありました。

【参照】NHKニュースウェブ

熊本県で震度6強 有明海と八代海に津波注意報

 16日午前1時25分ごろ、熊本県を震源とするマグニチュード7.1の地震があり、気象庁は、津波注意報を有明海と八代海の沿岸に発表しました。予想される津波の高さは1メートルです。

 津波注意報が出た地域の方は、海岸や川の河口付近から離れ、近づかないでください。津波は何度も押し寄せ、急に高くなることがあります。津波は、強い力で人や物を押し流します。海岸や海中での作業などは切り上げて、海岸や川の河口近くから離れてください。

 また、この地震で熊本市などで震度6強の激しい揺れを観測しました。震度6強の激しい揺れを観測したのは、熊本市の中央区、東区、西区、熊本県の菊池市、宇城市、合志市、大津町、南阿蘇村で、このほか、震度6弱を熊本県や大分県、震度5強を福岡県、佐賀県、宮崎県の各地で観測しました。

 気象庁の観測によりますと震源地は熊本県熊本地方で、震源の深さは10キロ、地震の規模を示すマグニチュードは7.1と推定されています。

【参照】NHKニュースウェブ

4/16午前1時25分、45分に震度6の大きな余震:熊本地方の状況など

関連記事

更新情報をSNSで配信しています!
「林檎舎ニュース」アカウントのツイッターフォロー・Facebookページに
【いいね!】お願いします!
Return Top