林檎舎ニュース

投稿日:2016/08/01

東京湾震源の東京地震で大騒動、緊急地震速報 震度7の誤報は地震計への落雷が原因か?

東京湾震源の東京地震で大騒動、緊急地震速報 震度7の誤報は地震計への落雷が原因か?

8月1日午後5時過ぎ、気象庁の緊急地震速報で誤報があり、一時、大きな騒ぎとなった。今回の誤報は震源地が東京湾だったことに加え、最大深度7・マグニチュード9クラスの地震だったことから、首都直下型の大地震(東京地震)が来ると一気に拡散され、大騒動となった。

この誤報は鉄道会社や電力会社など、特定の事業者に向けて出しているもので、NHKや民放放送では流れていませんが、防災アプリなどには誤報が送信されています。民間の気象会社の「ウェザーニューズ」も午後5時9分ごろ、「東京湾でマグニチュード9.0の地震が発生しました。最大震度は7です」という誤った情報をメールなどで配信されている。

誤報の原因ですが、千葉県富津市の地震計の1か所から大きな揺れを示す誤ったデータが入ったことが原因とみられ、気象庁で詳しく調べています。緊急地震速報の誤報が出された時間、千葉県内で雷雨が観測されており、地震計への落雷が誤報の原因との見方が強まっている。

また、この特定事業者向けの緊急地震速報のデータの影響で、東京の都営地下鉄や小田急電鉄などのほか、千葉、埼玉、神奈川などを走る一部の私鉄が緊急停止するなどしました。その後、各社が設置している地震計で揺れが観測されなかったことなどから、すぐに運転を再開し、各社の運行に大きな影響はなかったということです。

また、JRの在来線や新幹線は通常通りの運行を続けているということです。

【誤報】緊急地震速報の震源地は東京湾

誤報に終わりましたが、この緊急地震速報の最大震度は7、震源地は東京湾で震源の深さは10km。地震の規模を示すマグニチュードは9.0と、日本沈没レベルの地震速報だったため、大騒動となりました。
「緊急地震速報」震度7の誤報の震源は東京湾1
「緊急地震速報」震度7の誤報の震源は東京湾2
「緊急地震速報」震度7の誤報の震源は東京湾3
「緊急地震速報」震度7の誤報の震源は東京湾4
「緊急地震速報」震度7の誤報の震源は東京湾5
「緊急地震速報」震度7の誤報の震源は東京湾6
「緊急地震速報」震度7の誤報の震源は東京湾7
「緊急地震速報」震度7の誤報の震源は東京湾8

タイムリープ説がネットで話題に

関連記事

更新情報をSNSで配信しています!
「林檎舎ニュース」アカウントのツイッターフォロー・Facebookページに
【いいね!】お願いします!
Return Top