林檎舎ニュース

投稿日:2016/01/09

2013年の「富士山救助ミス」男性遺族が損害賠償を求め静岡市を提訴:ネットでは非難殺到

2013年の「富士山救助ミス」男性遺族が損害賠償を求め静岡市を提訴:ネットでは非難殺到

2013年12月、富士山で滑落事故の救助活動中の静岡市消防局の救助ヘリコプターから京都市の男性(当時55歳)が落下し死亡した問題で、男性の遺族が静岡市を相手に約9000万円の損害賠償を求めて提訴したことが明らかになりました。

遺族は男性が死亡したのは「救助ミスが原因」と主張している一方、事故調査委の2014年3月の報告書では3つの原因を挙げたが特定には至らず、遺族側が市に対し示談交渉を行っていたが市は過失を否定し今回の裁判となったようです。

このことが全国メディアで報じられると同時にネット上では遺族に対し非難が殺到。「自己責任という言葉を知らないのか」「救助してくれる人を何だと思ってるのか」と厳しい意見が相次いでいます。

これはどういう気持ちで家族は訴えを起こしたのか。。。
悔しさのやり場がないのかもしれないけど、助けて貰うのが当たり前だと思ってるとしたらどうかと思う。
「<富士山救助ミス>ヘリから落下の男性遺族、静岡市を提訴」 12月の富士山に登ることが、どれだけ危険か…。「積もった状態のある山へヘリ救助しない」と法律を定めてはどうか?すべて自己責任で登るべき。
救助されなければ死んでいたのに、助けようとしてくれた人を訴えるとか普通の思考じゃ出来ないよ。
常識を疑う出来事。
こういうことをしているとさ、「確実に救助できる確信がなければ救助をしない」という風潮になっちゃうよ。基本山は自己責任ということを思い出してほしい。。
 富士山で2013年12月、滑落事故の救助活動中の静岡市消防局のヘリコプターから京都市の男性(当時55歳)が落下し死亡した問題で、静岡市は8日、男性の遺族が市を相手取り、約9000万円の損害賠償を求めて京都地裁に提訴したことを明らかにした。提訴は昨年12月1日付。

 同市によると、遺族は訴状で「死亡したのは救助ミスが原因だった」と主張しているという。

 男性は13年12月1日、男女4人のグループで登山中に富士山の御殿場ルート頂上付近で滑落した。市のヘリが男性を救助中、男性の両脇の下を通していたつり上げ用具がすり抜け、約3メートル下に落下した。翌日、静岡県警ヘリが男性を救助したが死亡が確認された。

関連記事

更新情報をSNSで配信しています!
「林檎舎ニュース」アカウントのツイッターフォロー・Facebookページに
【いいね!】お願いします!

コメント一覧

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 遺族って京都市でしょ?

    京都って、在日かB系だから・・・・・・・分かるよね?

Return Top