林檎舎ニュース

投稿日:2015/08/23

トイレの水洗レバーの修理費に8万円→3Dプリンタで自作して直しました

トイレの水洗レバーの修理費に8万円→3Dプリンタで自作して直しました

3Dプリンターを使って壊れた水洗トイレのレバー部分を作ったのがツイッターで話題に!
修理費に8万円掛かると言われたそうですが、新品一式買えちゃう金額ですよね…

トイレの水洗レバーが壊れて3Dプリンタで直した1
トイレの水洗レバーが壊れて3Dプリンタで直した2
トイレの水栓レバーが滑ってグルグルで水が流せなくなったので、業者さんに新しいレバー頼んだら8万円と言われたのでおののいて3Dプリンタで作った。

これで元どおり。

3Dデータを公開しておいてもらえると助かります。> INAXさん

水洗トイレの「クイッ」て回すレバー部品て8万円もするんですか…?(驚愕)

いくら何でも高いと思いますが、3Dプリンタで自作しちゃうのも凄い!
こういうのを見ると時代の進歩を感じちゃうのは自分がオッサンになったからでしょうかw

東芝 温水洗浄便座 クリーンウォッシュ パステルアイボリー SCS-T160
東芝(TOSHIBA) (2010-04-26)
売り上げランキング: 96

「水洗トイレのレバーを3Dプリンタで直した」ツイッターの反応

関連記事

更新情報をSNSで配信しています!
「林檎舎ニュース」アカウントのツイッターフォロー・Facebookページに
【いいね!】お願いします!
Return Top