林檎舎ニュース

投稿日:2015/12/10

国際ハッカー集団「アノニマス」が安倍首相個人HPをサイバー攻撃:10日未明から閲覧しづらい状態が続く

国際ハッカー集団「アノニマス」が安倍首相個人HPをサイバー攻撃:10日未明から閲覧しづらい状態が続く

12月10日未明から安倍首相の個人HPが閲覧しづらい状態が続いていますが、ハッカー集団「アノニマス」が関与している可能性があると報道されています。菅官房長官が午前中に行った会見では「アノニマス」からサイバー攻撃の声明が出ていることは政府として把握していると発表されました。

今回の安倍首相HPのサイバー攻撃に関して、ツイッターでアノニマスと思われるアカウントから攻撃声明が出ているものの、アノニマスのツイッターアカウントが本物かどうかは分かっていません。一部メディアではなりすましを指摘する声も出ていますが、詳しいことは警察の捜査で明らかになってくると思われます。

アノニマス:安倍首相個人HPをサイバー攻撃:ニュース報道

アノニマス:安倍首相の個人HP
安倍首相個人HPが閲覧しにくい状態に アノニマスの犯行か
アノニマスに攻撃受けたと思われる首相HP。確かに読み込み糞遅い〜
首相公式サイト閲覧できず サイバー攻撃か

安倍総理大臣の公式サイトが10日未明から閲覧できない状態になり、国際的なハッカー集団「アノニマス」を名乗る人物が、ツイッターでサイバー攻撃を行ったことを示唆する投稿をしていたことが分かりました。事務所が状況の確認を進め、警視庁なども情報収集しています。

警視庁などによりますと、安倍総理大臣の公式サイトは、10日未明から障害が出て、午前11時現在も閲覧できない状態になっています。インターネットのツイッターには10日午前3時半ごろ、国際的なハッカー集団、「アノニマス」を名乗る人物が、このサイトにサイバー攻撃を行ったことを示唆する投稿をしていました。大量のデータを送りつけて通信量をあふれさせる「DDoS」攻撃と呼ばれる手口とみられ、総理大臣の事務所が状況の確認を進めているということです。

国内では、アノニマスによるとみられるサイバー攻撃が相次いでいて、先月21日には、厚生労働省のホームページが攻撃を受けて、3日間閲覧できなくなるなどの被害が出ています。警視庁などは、情報収集を進めるとともに警戒を強めています。

官房長官「声明は報告受けている」
菅官房長官は午前の記者会見で「安倍総理大臣の個人ホームページの閲覧が非常にしづらい状態が発生して、現在も継続している。現時点においては、アノニマスからの攻撃と特定されていないが、声明が出ていることは報告を受けている。警察において捜査中ということで今後、捜査をしっかりと行って適切に対応していきたい」と述べました。

【参照】NHKニュースウェブ

関連記事

更新情報をSNSで配信しています!
「林檎舎ニュース」アカウントのツイッターフォロー・Facebookページに
【いいね!】お願いします!
Return Top