林檎舎ニュース

投稿日:2016/03/01

愛知県大府市の認知症事故訴訟:最高裁判決でJR東海が敗訴、家族の賠償責任なし

愛知県大府市の認知症事故訴訟:最高裁判決でJR東海が敗訴、家族の賠償責任なし

平成19年に愛知県大府市のJR共和駅構内で認知症の91歳男性が電車にはねられ死亡した事故で、JR東海が男性の家族に対して賠償を求める裁判を起こしていました。1審では720万円の賠償命令・2審では360万円の賠償命令が出ていましたが、3月1日の最高裁判所第3小法廷は「家族への賠償責任を認めず」としてJR東海の訴えを退ける判決を言い渡しました。
今回の裁判では、今後増えてくるであろう認知症の人が起こした事件・事故をどこまで家族が責任を負うべきなのかといった点で最高裁判所の判決に注目が集まっていました。

愛知県大府市:認知症訴訟:JR東海が逆転敗訴 1
愛知県大府市:認知症訴訟:JR東海が逆転敗訴 2
【認知症訴訟 最高裁でJR敗訴】愛知県で91歳の認知症の男性が電車にはねられ死亡した賠償責任が家族にあるかが争われた裁判で、最高裁は男性の妻に賠償を命じた2審判決を取り消し、JRの訴えを退ける判決を言い渡しました
判決の詳しい理由はまだ明らかになっていませんが、今回のケースでは家族に賠償の責任はないと判断したものとみられます。

今回の裁判では高齢化が進む中、認知症の人が起こした事故の責任を家族がどこまで負うべきなのか、最高裁の判断が注目されていました。

平成19年認知症の男性、認知症の85歳の妻が6分だけうたた寝している間に徘徊、電車にはねられ死亡。JRが提訴。
1審:妻と、離れて暮らす長男にも720万円の賠償
2審:妻にだけ賠償責任で360万
被告側「一瞬も目を離さず見守るのは不可能」
最高裁:家族に賠償責任なし。
【速報】JR東海が起こした認知症訴訟で最高裁は「家族に賠償責任ない」と判決。
この時代に見合った判決だったと私は思います。よかった!#認知症訴訟#ミヤネ屋#最高裁判決
 愛知県で91歳の認知症の男性が電車にはねられて死亡した事故の賠償責任が家族にあるかどうかが争われた裁判で、最高裁判所は「このケースでは家族が認知症の男性を監督することが可能な状況ではなかった」として、家族の賠償責任を認めず、JRの訴えを退ける判決を言い渡しました。

 平成19年、愛知県大府市のJR共和駅の構内で認知症の91歳の男性が電車にはねられ死亡した事故で、JR東海は振り替え輸送にかかった費用などの賠償を求める裁判を起こし、1審と2審はいずれも家族に賠償を命じていました。

 1日の判決で最高裁判所第3小法廷は「このケースでは家族が認知症の男性を監督することが可能な状況ではなかった」と指摘して、家族への賠償責任を認めず、JRの訴えを退ける判決を言い渡しました。

 今回の裁判では、高齢化が進む中、認知症の人が起こした事故の責任を家族がどこまで負うべきなのか、最高裁の判断が注目されていました。

【参照】NHK

関連記事

更新情報をSNSで配信しています!
「林檎舎ニュース」アカウントのツイッターフォロー・Facebookページに
【いいね!】お願いします!

コメント一覧

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 24時間ずっと見守り続けることは、無理だと思う。
    今回の事故を知り、自分にも住んでいる地域や出かけた先でできることがあるのではないかと思った。
    駅のホームで電車を待っている間、周囲を見回し認知症の方がいないかなぁと確認すること。簡単なボランティアだと思う。

Return Top