林檎舎ニュース

投稿日:2016/08/01(最終更新:2016/08/10)

秋元梢さんがツイッターで父、千代の富士の九重親方への追悼メッセージが共感を呼ぶ「父の娘に生まれて幸せ」

秋元梢さんがツイッターで父、千代の富士の九重親方への追悼メッセージが共感を呼ぶ「父の娘に生まれて幸せ」

元横綱・千代の富士の九重親方(本名・秋元貢)が7月31日、午後5時11分に膵臓(すいぞう)がんのため、死去した。61歳だった。九重親方の訃報をうけ、次女でモデルの秋元梢(29)が、同日ツイッターで「父の娘に生まれて、幸せです」と、感謝の気持ちをつづっている。

九重親方は昨年9月、膵臓(すいぞう)がんの手術を同6月に受けていたことを公表した。梢は今年7月19日に都内で行われたウエディングコレクション発表会出演後、取材陣に父の病状について聞かれたが、答えることができなかった。同イベントで「結婚式は一生に1度のものなので、だったら派手でも(ウエディングドレスを)着たい」と話していたが、花嫁姿を父に見せることはかなわなかった。

九重親方の次女でファッションモデルの秋元梢さんはツイッターで父の死を報告。「父の娘に生まれて、幸せです」と、父・九重親方への感謝の気持ちを投稿している。

この他にもまな弟子の佐ノ山親方(元大関千代大海)が31日にお見舞いに訪れたが、既に意識がない状態だったことを明らかにしている。

今日、7月31日17時11分に、父が膵癌で亡くなりました。
最期は苦しむ事なく、家族全員に看取られて、息を引き取りました。
今まで父を応援してくれた皆様に感謝申し上げます。
父の娘に生まれて、幸せです。
秋元梢
また、相撲界で初めて国民栄誉賞を受賞した元横綱・千代の富士の九重親方が、亡くなったことについて、角界などから、悲しみや惜しむ声が寄せられています。

元大関・千代大海が取材に応じ気持ちを話す

元大関・千代大海が九重親方に追悼のメッセージ

元横綱千代の富士の九重親方の訃報を受け、まな弟子の佐ノ山親方(元大関千代大海、本名・須藤龍二さん)が31日夜、東京都墨田区の九重部屋前で報道陣の取材に応じ、「父親だと思っていた。訃報を力に変えて部屋をもり立てていきたい」と話した。

「治ると信じていたので、突然の死去はまさかという気持ち」「師匠のことは血は繋がっていなくても、父親だと思っていた」「亡くなった九重親方の手を握り、『お世話になりました』と伝えました」

弟子の佐ノ山親方(元大関千代大海)が亡くなった31日昼頃に九重親方(元横綱千代の富士)に面会したところ、意識がなく、声をかけても反応しない状態だったことを明かしている。


横綱・白鷗もコメント

横綱・白鵬は「言葉になりません。早すぎる。残念としか言いようがありません」と話していました。

また、現役時代の九重親方については、「私も体が小さかったので、親方の相撲をビデオで見て一気に前に出る相撲を研究しました」と話し、印象に残っている思い出として「去年の還暦の土俵入りで太刀持ちをさせてもらい、昭和の大横綱を間近で見させてもらった」と振り返っていました。

そのうえで、白鵬の通算勝利数が九重親方の1045勝に近づいていることについて、「天国から見守ってもらいたい」と話していました。

第68代横綱元朝青龍もツイッターで悲しみのコメント

元横綱の朝青龍(ドルゴルスレン・ダグワドルジ氏)も自身のツイッターに悲しみの声を投稿しています。
悲しい悲しいな涙が止まらない…憧れの力士、角界の神様、横綱たちの横綱よ〜〜悲しいな
親方よ 夏にモンゴルに来てイトウ釣る約束は?悲しいな涙

関連記事

更新情報をSNSで配信しています!
「林檎舎ニュース」アカウントのツイッターフォロー・Facebookページに
【いいね!】お願いします!
Return Top