林檎舎ニュース

投稿日:2016/08/03

キンドルアンリミテッド(Kindle Unlimited)アマゾンが読み放題サービスを開始:雑誌のラインナップは上々で漫画は今後に期待か

キンドルアンリミテッド(Kindle Unlimited)アマゾンが読み放題サービスを開始:雑誌のラインナップは上々で漫画は今後に期待か

8月3日、Amazon(アマゾン)が電子書籍の定額読み放題サービス「キンドル・アンリミテッド」(Kindle Unlimited)を開始した。このサービスは月額980円で12万冊の国内書籍やコミック、240誌以上の雑誌に加え、120万冊以上の洋書が読み放題となる新サービス。アメリカでは2014年7月にスタートしており、現在は世界11カ国でサービスを展開しており、日本で12カ国目となる。

国内の出版社は講談社、小学館などの大手をはじめ数百社が参加。読める作家の数は数万人に上るという。1度に利用できる上限は10冊まで。単品の電子書籍販売も並行して行う。

書籍は刊行から時間が経過したものがほとんどで、伊坂幸太郎さんや池井戸潤さんらのベストセラーが対象。コミックに関しては、殆どの新刊が対象に入っておらず、1巻だけを読めるという感じに、サービスが限定されている。

日本でもサービス開始となった「キンドルアンリミテッド」の評価や評判、読み放題サービス対象のラインナップなど、ネット上の声を交えて紹介していきます。

一部実用書・専門書もキンドルアンリミテッド対象に

実用書や高額な専門書の一部も読み放題サービスに入っています。人気の英語書籍(TOEIC)関連の問題集や実用書、辞典なども読み放題となるようです。

雑誌のラインナップは?

キンドルアンリミテッドで読み放題となる雑誌のラインナップは上々で、中には「雑誌だけで元が取れる」という声も聞かれます。競合サービスでは「dマガジン」などの名前が上がっていますが、一長一短の模様。自分が定期購読している雑誌が読み放題サービスに入っていれば入会する価値はありそう。

「キンドルアンリミテッド」サービス開始、ツイッターの反応は?

アメリカなどの海外で先行スタートしていたサービスが遂に日本でも開始されました。最初の30日間は試用期間となっており、とりあえず入会してみる、という方が多いようです。電子書籍のラインナップは良いとの声も聞かれます。

関連記事

更新情報をSNSで配信しています!
「林檎舎ニュース」アカウントのツイッターフォロー・Facebookページに
【いいね!】お願いします!
Return Top