林檎舎ニュース

投稿日:2016/03/29

アメリカ首都ワシントンの連邦議会場に拳銃持ち込み…ホワイトハウスも警戒レベル引き上げの事態に発展

アメリカ首都ワシントンの連邦議会場に拳銃持ち込み…ホワイトハウスも警戒レベル引き上げの事態に発展

アメリカの首都ワシントンの連邦議会に拳銃を持った男が入ろうとし、警備にあたっていた警察官が男に発砲する事件が発生しました。この事件をうけ、議会から2キロほど離れたホワイトハウスも一時警戒レベルを上げましたが、間もなく警戒は解かれています。
今回の発砲事件で拳銃を議会に持ち込もうとした男性がケガを負ったようですが、軽傷とのこと。各地で相次いでいるテロ事件との関連が調査されています。

速報】米議会ホールでの銃撃により、議会、ホワイトハウスとも閉鎖。
米議会発砲事件】 ビジターセンター付近での発砲で警察官が負傷。議会は建物は依然封鎖中。容疑者はすでに逮捕された。 ホワイトハウスも一時封鎖されたが、現在は解除されたもよう
【米議会敷地で発砲 議会とホワイトハウスが閉鎖】
アメリカのAP通信は、28日午後(日本時間の29日未明)、首都ワシントンの連邦議会の敷地内で何者かが銃を発砲し、議会が閉鎖されたと伝えました。

米議会に銃を持った男 警官が発砲し拘束

 アメリカの首都ワシントンの連邦議会で、銃を持った男が見学者の受付に入ろうとして、警察官がこの男に発砲した。

 NBCテレビによると28日、ワシントンの連邦議会の見学者の受付に、銃を持った男が入ろうとした。このために警報機がなり、警察官が男に近づいて発砲したという。男は軽いケガをして拘束されたが、身元は分かっていない。

 これを受けて連邦議会は封鎖され、議会から2キロ余り離れたホワイトハウスも一時警戒のレベルをあげたが、警察はすでに市民への脅威はなくなったとしている。

【参照】日テレニュース24

アメリカワシントン議会で銃撃騒ぎ:ホワイトハウスも一時閉鎖…

関連記事

更新情報をSNSで配信しています!
「林檎舎ニュース」アカウントのツイッターフォロー・Facebookページに
【いいね!】お願いします!
Return Top