林檎舎ニュース

投稿日:2016/01/03

ANA 超大型機「エアバスA380」を3機購入の見通し:2018年以降にハワイ線への就航を予定

ANA 超大型機「エアバスA380」を3機購入の見通し:2018年以降にハワイ線への就航を予定

ANA(全日本空輸)がエアバス社の超大型飛行機「A380」を3機購入しハワイ路線への就航予定という話題が注目を集めています。
購入予定のA380はANAが経営支援中のスカイマークが購入予定だったものと報じられており、早ければ2018年頃にはANAカラーのA380を見られそうです。
発注総額は1500億円規模となる見通し。

ABA:エアバスA380を3機購入検討:中日新聞
ABA:エアバスA380:デザイン
【ANA 超大型機「A380」購入へ】ANAホールディングスが、欧州旅客機大手エアバスの超大型機「A380」3機購入へ。実現すれば国内航空会社での導入は初。
今朝の中日新聞・朝刊より
やっぱANAはA380を導入するのか?
最初はガセかと思っていたけど、どうやらリアルな話になるん?
新年早々日経がANAのA380✕3機導入を報じましたので、未完成ではありますがこのタイミングで以前描いたA380のイラストをアップしてみます。
ロゴとIOJタグラインはこの位置が一番しっくりくる気がします。
全日本空輸を傘下に持つANAホールディングスが、欧州旅客機大手エアバスの超大型機「A380」を3機購入する方向で調整していることが分かった。

実現すれば国内航空会社のA380導入は初めて。発注総額は定価ベースで1500億円規模となる。2018年度以降に、ハワイ線への就航を検討している。

A380は総2階建てで、座席数500以上の世界最大の旅客機。15年11月時点で176機が全世界で運航している。ANAは国際線の強化策として、日本航空や米航空会社と競合するハワイ線への投入を計画する。

A380を巡っては、国内航空会社スカイマークが6機の購入契約を結んだが、業績悪化で解約され、違約金を請求されるなど、経営破綻の一因になった。
ANAはスカイマークの再生を支援しており、エアバスはANAに購入を求めていた。A380など超大型機の需要は予想を下回っているとされ、ANAの活用策が注目される。

関連記事

更新情報をSNSで配信しています!
「林檎舎ニュース」アカウントのツイッターフォロー・Facebookページに
【いいね!】お願いします!
Return Top