林檎舎ニュース

投稿日:2016/08/12

羽田空港発の全日空(ANA)34便が荷物を積まずに出発し大騒動:北海道「ライジングサン」出演者も乗っていた模様

羽田空港発の全日空(ANA)34便が荷物を積まずに出発し大騒動:北海道「ライジングサン」出演者も乗っていた模様

8月12日午前、羽田空港発の全日空(ANA)機で全荷物か荷物の一部を搭載しないまま出発し、目的地に着いた後に「荷物を積んでいない」とANA側が明らかにしたため、大騒動となった。各空港内は荷物を受け取れなかった利用客でごった返し、騒然となったようです。

トラブルに巻き込まれた利用客の中には、北海道で行われるロックイベント「ライジングサン2016」に出演するため、楽器を預けて搭乗した方もおり、「手ぶらで到着」したとツイート。楽器がイベント会場に間に合わせなかった時は楽器を貸してほしい、というツイートが拡散され、多くの人が名乗り出てくれたようです。

この羽田空港で起きたトラブルは、12日午前6時50分過ぎ、乗客が預けた荷物を運ぶベルトコンベアーのセンサー部分に不具合が見つかり停止。約40分後の午前7時30分過ぎに復旧したものの、新千歳や福岡などに向かう16便が全ての荷物を載せないまま出発した。また全日空で12便、エアドゥで5便、スターフライヤーで1便が荷物の一部を載せないまま出発したという。

全日空では12日中に後続の便で各地の空港に荷物を届けたいとしている一方、騒動の原因となった事後報告について、全日空は「トラブルを防ぐため」「後続に影響が出るため荷物を残したまま出発した」と説明しています。

※最新情報で合計34便が全ての荷物か一部の荷物を積んでいなかったと明らかになりました。

新千歳空港のANAカウンターには長蛇の列

羽田空港から出発した便の中で、北海道・新千歳空港では暴動寸前の騒ぎとなったようです。中には“お詫び”として5000円を貰ったという声も聞かれました。
新千歳空港の様子1
新千歳空港の様子2

北海道「ライジングサン」出演アーティストの楽器も届かない

8月12、13日に海道小樽市の石狩湾新港樽川ふ頭横野外特設ステージで行われるライブイベント「RISING SUN」(ライジングサン・ロックフェスティバル)の出演アーティストの方も今回のANA機トラブルに巻き込まれてしまったようで、預けておいた楽器が届かないというトラブルになっています。

この方はツイッターで「楽器を貸してほしい」と呼びかけ、多くの同士が名乗り出てくれていると共に、心配する声が相次いで投稿されています。


どの航空会社でもあり得るトラブルと指摘の声も

ANA以外の航空会社の航空約款にも「受託手荷物の搭載」という項目に「ただし、搭載量の関係その他のやむを得ない事由があるときは、当該手荷物の搭載可能な航空機によって、運送することがあります。」という注意書きがされています。
JALの航空約款
スカイマークの航空約款
スターフライヤーの航空約款

関連記事

更新情報をSNSで配信しています!
「林檎舎ニュース」アカウントのツイッターフォロー・Facebookページに
【いいね!】お願いします!
Return Top