林檎舎ニュース

投稿日:2015/12/31

北海道旭岳 雪崩にスノーボーダーが巻き込まれた可能性:31日午前6時から50人体制で捜索中

北海道旭岳 雪崩にスノーボーダーが巻き込まれた可能性:31日午前6時から50人体制で捜索中

北海道旭岳 盤ノ沢付近で長さ400~500メートル・幅200メートルに渡って雪崩が発生し、スノーボーダーが巻き込まれた可能性があると報じられました。
12月31日の午前6時から始まった捜索は自衛隊・警察の計50人体制で捜索が続いていますが、現時点で発見には至っていません。雪崩が発生した旭岳ではコース外の滑走を禁止していますが、コース外滑走が日常的に行われていたという情報もあります。

北海道旭岳:雪崩発生地点 1
北海道旭岳:雪崩発生の注意
【北海道・大雪山系で雪崩 1人巻き込まれたか】
30日正午ごろ北海道の大雪山系の旭岳で雪崩が発生し、1人が巻き込まれた可能性があると警察に通報がありました。
旭岳で雪崩があったようです。巻き込まれた人もいるようですが安否が気がかりです。この旭岳は一応圧雪のコースはあるものの来場者のほとんどがコース外のオフピステを目指してやってくるバックカントリーエリアでが危険もいっぱいなんですね。
旭岳その2 特に画像のAコースとCコースに挟まれたエリアは危険度が高くよく雪崩が起きるそうです。
旭岳その3 スキー場のオフィシャルではコース外滑走は禁止となっています。でもね~それを厳格に守らせようとしたらスキーヤー、スノーボーダーは先ず行かなくなっちゃうでしょうね。
北海道の大雪山系・旭岳で雪崩にスノーボーダー1人が巻き込まれた可能性があり、警察などは31日朝から捜索を続けている。
31日午前6時から始まった捜索は、自衛隊と警察計約50人態勢で行われている。

雪崩があったのは旭岳の盤ノ沢付近で、30日正午頃、長さ約400メートルから500メートル、幅約200メートルにわたって斜面が崩れ落ちた。

当時、現場にはスノーボーダー1人がいたという目撃情報があり、巻き込まれていないか捜索しているが、まだ確認されていない。

これまでに周辺の宿泊施設などで連絡が取れなくなっている人はいないという。警察などは引き続き、捜索を続けることにしている。

関連記事

更新情報をSNSで配信しています!
「林檎舎ニュース」アカウントのツイッターフォロー・Facebookページに
【いいね!】お願いします!
Return Top