林檎舎ニュース

投稿日:2016/03/13

感染症「梅毒」が都心を中心に流行:日本産科婦人科学会が妊婦に感染予防・早期受診を呼びかけ

感染症「梅毒」が都心を中心に流行:日本産科婦人科学会が妊婦に感染予防・早期受診を呼びかけ

3月12日の報道で性感染症「梅毒」(ばいどく)がここ数年で流行しており、妊婦が梅毒に感染した場合、胎児が様々な障害を伴う「先天梅毒」を発症することがあり、日本産科婦人科学会が妊婦に対し感染予防や早期受診を呼びかけています。

梅毒は第1期から第4期までの感染状態が確認されていますが、現代の先進国においては第3期・第4期まで発展することは稀だといわれています。症状に心当たりがある場合は早めに医療機関の診療を受けるよう注意が呼びかけられています。

【梅毒流行 妊婦に予防呼びかけ】日本産科婦人科学会は妊婦に対し、梅毒の感染予防や早期受診を呼びかけ。胎児が様々な障害を伴う先天梅毒を発症するおそれ。
政府はもっと告知をするべき・・・‼️
梅毒流行 妊婦に予防呼びかけ
東京で急増中なんだっけ…少し前にもニュース見たような。個人的には完全自衛できる病気よりジカ熱のような病気の方が怖い。
梅毒、クラミジア、淋病、HIV。この4つの検査を一度に受けられる所もある!ただし、保健所も受けられる検査が地域や曜日によって違うから、詳しくは最寄りの保健所のHPを調べるとよろし。訳わからんなら電話して訊けば丁寧に教えてくれますよ
 性感染症の「梅毒」が近年、流行しており、日本産科婦人科学会は12日、妊婦に対し、感染予防や早期受診を呼びかけた。

 梅毒は性交渉によってうつる感染症。妊婦が感染した場合、胎児が様々な障害を伴う「先天梅毒」を発症することがある。梅毒の感染者は2012年まで年間500~900例で推移していたが、13年以降、前年比約1・4倍のペースで増加。同学会は、梅毒を疑う症状が出た場合は速やかに問診や検査を受けるよう勧めている。

【参照】ヤフーニュース

関連記事

更新情報をSNSで配信しています!
「林檎舎ニュース」アカウントのツイッターフォロー・Facebookページに
【いいね!】お願いします!
Return Top