林檎舎ニュース

投稿日:2016/08/18

BLEACH(ブリーチ)実写映画化決定の知らせにツイッターが大荒れ、主人公「一護」役は福士蒼汰さんで2018年上映予定

BLEACH(ブリーチ)実写映画化決定の知らせにツイッターが大荒れ、主人公「一護」役は福士蒼汰さんで2018年上映予定

8月18日、週刊少年ジャンプで連載し、次号の2016年38号で完結する「BLEACH(ブリーチ)」が実写映画化され2018年上映予定ということが明らかとなり、ツイッターが荒れている。主人公の黒崎一護を演じる主演は福士蒼汰さん、監督を佐藤信介さんが務めると発表されており、二人のコメントに加え、原作者の久保帯人先生のコメントも掲載されている。

BLEACH(ブリーチ)実写化が判明したのは18日午後、ツイッター上に「週刊少年ジャンプ」誌面と思われる一部が投稿され、その告知ページに実写化の詳細が記されていたもの。次号のジャンプで完結することから、最終話を迎えたタイミングでの実写化発表との見方が強いようです。

少し前にも「銀魂」実写化とキャストの発表があったばかりだが、今回のBLACH実写化に関しても「実写化辞めてほしい…」「絶対失敗する」といったように、否定的な意見が殺到している。

正式発表はまだですので、次号の週刊少年ジャンプ誌面をご確認下さい。

BLEACH実写化決定・週刊少年ジャンプ誌面
福士蒼汰さんのコメント
まず「BLEACH(ブリーチ)」が実写になると聞いて自分も驚きでした。自分が一護となり死神の代行として、責任を持って演じたいと思います。
そして、15年連載が続いた大人気作品が終わりを迎えたことも感慨深いです。
読者としては一護や死神たちの雄姿をまだ見ていたい気もしますが、実写でもその雄姿を感じていただければと思います。
そして佐藤監督とは映画「図書館戦争シリーズ」以来のタッグです。緊張もしますが、監督を信頼して頑張りたいと思います。
監督 佐藤信介さんのコメント
「BLEACH(ブリーチ)」この壮大な物語を、映画化します。想像力の限りが尽くされたこの世界を、映像の力の限りを尽くして描きます。
尸魂界(ソウルソサエティ)、虚(ほろう)、斬魄刀(ざんぱくとう)、そして福士蒼汰が一護として暴れまくる姿、お楽しみに。
原作者 久保帯人先生のコメント
映画化です。ボンヤリ浮かんでは、なんやかんやで(主に俺のイチャモンにより)立ち消えてた実写映画が遂に実現することになりました。
幸運にも連載完結のタイミングと重なったので、原作者としてできる限り協力して、BLEACH(ブリーチ)を知らない人にも楽しんで貰え、BLEACHの読者にも満足して貰えるものに近づける一助になればと思っています。
唯一心配なのは一護の髪の色かなー!あの色実写だとヘンだけど、どうすんだろなー!
BLEACH実写化決定・海外ニュースサイト

実写化よりもアニメ化して欲しかった…ツイッターの反応

ここ最近相次ぐアニメ実写化のこともあり、今回発表された「BLEACH」実写化にも反対の声が相次いでいる。「実写化するならアニメやってほしい」という意見が多くあがっています。

主人公「一護」役は福士蒼汰さん

実写化を歓迎しない声が多くを占めており、BLEACHの主人公「一護」を演じる福士蒼汰さんに対しても賛否両論な意見が飛び交っています。

関連記事

更新情報をSNSで配信しています!
「林檎舎ニュース」アカウントのツイッターフォロー・Facebookページに
【いいね!】お願いします!
Return Top