林檎舎ニュース

投稿日:2015/10/02

ブレンディのCMが怖すぎると炎上気味:海外からも批判のコメントが相次ぐ事態に

ブレンディのCMが怖すぎると炎上気味:海外からも批判のコメントが相次ぐ事態に

コーヒーでお馴染みのブレンディ(Blendy)が2014年に公開していた【Blendy 特濃ムービーシアター「旅立ち」篇】という動画の内容に対し「怖い」と批判が集まり炎上気味に注目を集めています。

動画は「牛の卒業式(卒牛式)」を描いた2分30秒のショートムービー。
それぞれ“牛”を人間に見立て、卒業証書の授与と共に就職先を告げられるという内容。
動画の主人公「ウシ子」は努力の末、ブレンディへの配属(進路)が決まったものの、他の生徒の中には希望しない配属先を言い渡され暴れる生徒も…。

動画には海外からの批判も多く寄せられており、国内でも問題視される事態に。
ツイッター上の意見を見ていると、もう少し明るいイメージならここまでブレンディが炎上することも無かったと思いますが、擬人化と食用牛(への進路)辺りの表現に対し批判が集まっているように思えました。

ブレンディのCMが英語で拡散されてるんだけど、一般的炎上かと思ったら藤子・F・不二雄SF短編の如き禍々しさと結果的倫理提議でボリューム満点だった。
/Blendy Milk Coffee 2015 Ad
たまたまFBでを通じて知って見てみて驚愕!これ、本当に「感動」ムービーとして受け取られてるの?どうみても差別社会の行く末を描いたディストピア・ムービーだよ!/Blendy 特濃ムービーシアター「旅立ち」篇

舞台は牛の学園の卒“牛”式(卒業式)。女優の夏居瑠奈さんが演じる主人公”ウシ子“は努力を惜しまない真面目な女子校生(牛)。校長の卒“牛”証書授与の声とともに、生徒達(牛達)の進路が次々と発表されていきます。

“ウシ子”の親友“ハナ子”は見事動物園へ、続く生徒達もロデオパークや闘牛場などへと進路が決定していきます。
自分の望み通りの道を歩める牛も、そうでない牛もいるという現実。
そんな中、誰よりも努力をしてきた“ウシ子”の進路が決定する瞬間がついにやってきます。果たして校長から発表された進路は?!涙溢れる感動のラストシーンを是非ご覧下さい。

【参照】PR TIMES

「ブレンディ 炎上CM:女子高生が牛で出荷!?」ツイッターでの反応・声

関連記事

更新情報をSNSで配信しています!
「林檎舎ニュース」アカウントのツイッターフォロー・Facebookページに
【いいね!】お願いします!

コメント一覧

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 以前は
    「ビッショリしようぜ」
    「ひとつになろうぜ」
    聞くたびカッコイイと思っていたケド

    結婚後
    聞くたび気持ち悪い

    なぜだか自分でもわからなく悩んでる

    吹石さんがいいな~とも思わない
    吹石さん大変だよ

Return Top