林檎舎ニュース

投稿日:2016/03/05

千葉県山武市 生後5ヶ月の赤ちゃん殺人事件:母親の小川紀子容疑者を逮捕「育児に疲れた」と供述

千葉県山武市 生後5ヶ月の赤ちゃん殺人事件:母親の小川紀子容疑者を逮捕「育児に疲れた」と供述

千葉県警山武署は3月4日、千葉県山武市(さんむし)の住宅で生後5ヶ月の娘を殺害したとして、母親の小川紀子容疑者(38)を殺人容疑で逮捕しました。

警察の発表では千葉県山武市森の夫の実家で凜乃(りの)ちゃんを殺害後、小川容疑者自身が「一緒に死のうと思って娘の首を絞めた」と110番通報。現場に駆けつけた救急隊員が病院に搬送したが死亡が確認されました。

小川容疑者は警察の調べに対し「育児に疲れた」といった供述をしているという。

【社】生後5カ月の娘を絞殺容疑、38歳母親を逮捕 (朝日新聞)
生後5カ月の娘を殺害したとして、千葉県警は4日、東京都板橋区の自称無職、小川紀子容疑者(38)を殺人容疑で逮捕し、発表した。容疑を認めているという。
 千葉県山武市で4日、生後5か月の娘を殺害したとして、母親が逮捕された。

 4日午後2時45分頃、千葉県山武市の住宅から「一緒に死のうと思って娘の首を絞めた」と女性の声で110番通報があった。警察などが調べたところ、生後5か月の小川凜乃ちゃんが倒れているのが見つかり、その後、死亡が確認された。警察は母親の小川紀子容疑者(38)が凜乃ちゃんを殺害したことを認めたため、殺人容疑で逮捕した。

 この住宅は紀子容疑者の夫の実家で、警察の調べに対し、紀子容疑者は「育児に疲れた」などと容疑を認めているという。

【参照】日テレニュース24

関連記事

更新情報をSNSで配信しています!
「林檎舎ニュース」アカウントのツイッターフォロー・Facebookページに
【いいね!】お願いします!
Return Top