林檎舎ニュース

投稿日:2016/06/18

秩父鉄道の第4種踏切内で人身事故、4時間以上の運転見合わせ…なぜ?ヘッドフォン着用の男性が踏切内進入

秩父鉄道の第4種踏切内で人身事故、4時間以上の運転見合わせ…なぜ?ヘッドフォン着用の男性が踏切内進入

6月17日午後2時35分ごろ、埼玉県熊谷市瀬南の秩父鉄道の12号踏切(第4種踏切)内でヘッドフォンを着用した男性が3両編成の影森発羽生行き上り普通列車にはねられ、頭などを強く打って死亡する人身事故が発生し、秩父鉄道・熊谷~武川駅間が4時間以上に渡って運転見合わせとなりました。

熊谷署によると、死亡が確認されたのは埼玉県熊谷市の男性会社員(32)と判明。現場は警報機と遮断機の付いていない「第4種踏切」で、人身事故発生時には国の調査が必要となり、運転再開まで時間を要する場合が多い。

線路を横切る道路の幅は約2.2メートルで歩行者と自転車用の踏切で、境界にはポールが5本立っていたという。

死亡した男性はヘッドホンを装着しており、ジョギング中の可能性もあるという。熊谷署が詳しい事故原因などを調べています。

【ヘッドホン男性 踏切で事故死】埼玉県の踏切で、ヘッドホンの男性が電車にはねられ死亡。現場は警報機と遮断機が付いていない「第4種踏切」

この事故の影響で秩父鉄道線の熊谷~武川駅間が運転見合わせに

【秩父鉄道線 運転見合わせ 2016年6月17日 14:35】
ひろせ野鳥の森~大麻生駅間で発生した人身事故の影響で、熊谷~寄居駅間の運転を見合わせています。
【秩父鉄道線 運転再開 2016年6月17日 18:58】
ひろせ野鳥の森~大麻生駅間で発生した人身事故の影響で、熊谷~武川駅間の運転を見合わせていましたが、18:50現在、運転を再開しています。なお、列車に遅れや運休が出ています。
秩父線の大麻生~ひろせ野鳥の森間の人身事故
現場は広瀬川原熊谷の4種踏切
当該7503F
大麻生1418発の羽生行き
現在も現場検証中のため、運転再開時刻は不明。
ヘッドホン着用の男性が踏切内ではねられるという人身事故の影響で、秩父鉄道の熊谷駅~寄居駅間が約4時間半に渡って運転見合わせとなりました。

警報機・遮断機がない「第4種踏切」での人身事故は国の調査が必要に

【秩父鉄道線】事故発生場所は警報機や遮断棹のない踏切とみられています。このような場合、国の調査が必要なため運転再開までに大幅に時間を要する可能性があります。今年3月に長野電鉄で同様の踏切で人身事故が発生したときは393分見合わせました。
ほう、第4種踏切だと国の調査がいるのか

秩父鉄道の運転見合わせが長引いた原因は今回、人身事故が発生した踏切は踏切警報機や遮断機が設置されていない「第4種踏切」に該当し、国の調査が必要となります。このため、調査に時間が掛かり長時間の現場保存が必要になるため、運転を見合わせる時間が長くなる傾向にあります。

直近で同様のケースだったのは今年3月3日に発生した長野電鉄・本郷駅付近の4種踏切で発生した人身事故が該当します。

秩父鉄道の人身事故、ネットでの反応は

秩父鉄道は遮断機ないとこ多いからなー
秩父鉄道は四種多いからねぇ…
また秩父鉄道の四種踏切で事故か。今度はランニング中と思われる32歳男性。ヘッドホンをしていた。前にも似た事故あったよなぁ秩父鉄道。自転車にヘッドホンの学生
秩父鉄道のあの区間は線路に入りたい放題だもんな……
事故がない方が不思議なくらい😱

関連記事

更新情報をSNSで配信しています!
「林檎舎ニュース」アカウントのツイッターフォロー・Facebookページに
【いいね!】お願いします!

コメント一覧

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By ヤマちゃん

    秩父鉄道線で人身事故は珍しい。現場から家まですごく近い!また秩父鉄道線よく利用するから人身事故あっては困るなー

  2. By ちゃりお

    ヤフコメでは死亡した会社員が一方的に非難されているけど、現場をよく知っている者としては、同情の余地があると思っている。今回の踏切は時々自転車で通行するが、左右をよく見て侵入した時でも、上りの熊谷方面行きの電車は結構スピードを出していて、ヒヤッとしたことが何度かある。それに過去にも同様な死亡事故が繰り返されている。ヘッドフォンを付けて左右を見ないことは問題だとしても、事故を誘発しやすい踏切であることは間違いない。

Return Top