林檎舎ニュース

投稿日:2016/01/07

1/7の中国株式市場 サーキットブレーカー発動で4日に続き終日取引停止へ

1/7の中国株式市場 サーキットブレーカー発動で4日に続き終日取引停止へ

1月7日の中国株式市場「CSI300指数」が取引開始直後から下落し13分で5%に達し15分間の取引停止へ。その後、取引が再開されたものの直後に前日比7%安に達しサーキットブレーカーが発動され終日の取引停止となりました。
中国株式市場のサーキットブレーカー発動は4日に続いて2度目となります。

中国CSI300指数、5%超下落 サーキットブレーカー発動 #fx
中国株式市場は、サーキットブレーカーで取引が停止されました。CSI300指数が5%安の暴落となっています。
CSI300指数が5%下落したことでサーキットブレーカーが発動され、中国のすべての株価指数および株価指数先物が15分間取引を停止。再開後に7%下落したため、その日の取引は停止と。
[上海 7日 ロイター] – 中国株式市場のCSI300指数.CSI300が取引開始後30分もたたないうちに7%下落し、サーキットブレーカーが発動された。
上海と深セン市場は終日取引が停止される。

CSI300指数は7.2%下落し、3284.74をつけた。上海総合株価指数.SSECは7.3%安の3115.89をつけた。

【参照】ロイター通信

関連記事

更新情報をSNSで配信しています!
「林檎舎ニュース」アカウントのツイッターフォロー・Facebookページに
【いいね!】お願いします!

コメント一覧

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 中国を狙って米英が売ってくる。次は年金を狙い売られるので日本政府が買えば買うほど株価は下がる。ファンドグループは日本の大手証券会社も手に負えないぞ。企業年金がやられたように厚生年金と上場したゆうちょ銀行1500兆円が飛んでしまう。メリルやCTAに合法的に巧みに取られてしまう。きおつけろ!中国は商品先物も買っているので原油や非鉄金属でも白人にやられるでしょう。

Return Top