林檎舎ニュース

投稿日:2015/12/21

中国深センの大規模な地滑りは事故でなく人災か:依然90人以上が行方不明で救助活動中

中国深センの大規模な地滑りは事故でなく人災か:依然90人以上が行方不明で救助活動中

中国・広東省深セン市で20日に起こった大規模な地滑り事故の行方不明者が91人に上ったと最新のニュースで発表されました。この地滑り事故が起こった様子を少し離れた所から撮影していた動画を現地メディアが公開していますが、地滑りというよりも爆発に近い事故だったようです。

この大規模な地滑り事故に巻き込まれた工場など33棟が倒壊し現在も救助活動が続いています。また日本総領事館によると現時点で日本人・日系企業が巻き込まれたという情報はないということです。

※21日夜の最新情報で事故ではなく「人災」と判断されたようです。

中国広東省:地滑り発生:現場画像 1
中国広東省:地滑り発生:現場画像 2
中国広東省:地滑り発生:現場画像 3
中国広東省:地滑り発生:現場画像 4

【ニュース】中国・広東省の工業団地で大規模な土砂崩れがあり90人以上が行方不明。中国政府は積み上げられた土砂の流出が原因とみて自然災害ではなく“人災”と断定…
【最新ニュース】中国南部の広東省の工業団地で20日起きた大規模な地滑りでは、90人以上と連絡が取れなくなっています。捜索範囲が広く、救出活動は作業は難航しています。
二時間程前、広東省深セン市郊外の光明新区で大規模な地すべりが発生し、多くの建物が倒壊したとの一報
中国・深センの地滑り、行方不明者91人に

中国の深センで20日、建設現場から運ばれ大量に積まれていた土が崩れ、工場や宿舎など33棟の建物が倒壊した事故で、行方不明者の数が91人に上っていることが分かりました。

 一瞬にして崩れ落ちる建物。中国・広東省の深セン市で20日昼ごろ、積み上げられた大量の建設残土が崩れ、巻き込まれた工場など33棟が倒壊しました。深セン市によりますと、20日夜までに7人が救出されましたが、今も行方の分からない人が91人いるということです。

 新華社通信によりますと、もともと採石場だった場所が、去年から残土置き場として使われるようになり、一日に数百台のダンプカーが残土や廃棄物を運び込んでいたということです。地質災害の専門家は「土の量が多く、傾斜が急すぎたために、安定が失われたのではないか」と話しています。また、地元メディアは安全監督当局の責任者の話として「土砂の堆積方法にルール違反があった」と報じています。

 事故を受けて、習近平国家主席は行方不明者の救出活動に全力を挙げるよう指示を出しました。広州の日本総領事館によりますと、この事故に日本人や日系企業が巻き込まれた情報はないということです。

【参照】TBSニュース

関連記事

更新情報をSNSで配信しています!
「林檎舎ニュース」アカウントのツイッターフォロー・Facebookページに
【いいね!】お願いします!
Return Top