林檎舎ニュース

投稿日:2016/02/03(最終更新:2016/02/04)

サークルKサンクスの看板が消える?9月1日以降 ファミリーマートと経営統合し業界2位のコンビニチェーンへ

サークルKサンクスの看板が消える?9月1日以降 ファミリーマートと経営統合し業界2位のコンビニチェーンへ

コンビニ大手のファミリーマートがサークルKサンクス(ユニーグループHD)と経営統合すると2月3日に発表されました。全国に約6300店舗あるサークルK&サンクスの名前や看板は消滅しファミリーマートへ統合される模様。

9月1日から経営統合が進みますが、すぐにサークルK・サンクスがなくなるわけではなく、およそ3年ほどかけてファミリーマートへと変更されていくとのこと。ファミリーマートは今回の経営統合でコンビニ業界1位のセブンイレブンに次いで業界2位のコンビニチェーンとなります。

【統合 サークルK店長に不安も】ファミリーマートとユニー統合で、コンビニブランドの「サークルK」と「サンクス」が消滅する。サークルK店長から不安の声。
サークルKサンクス すべて“ファミマ”に
サークルK、サンクス消滅、ファミマに統一か。
ファミマが(同じ商圏に)数店というケース、けっこう出てくるでしょ。
 ファミリーマートは2月3日、大手コンビニのサークルKサンクスを展開するユニーグループ・ホールディングスと経営統合し、コンビニブランドを「ファミリーマート」に一本化すると発表した。

 効力発生日は2016年9月1日で、統合することによりファミリーマートの店舗数はローソンを抜いて業界2位となる(1位はセブン-イレブン)。

 両社は昨年10月に経営統合に向けた基本合意書締結を済ませており、その後も協議を重ねてきたとのこと。それもあり、ブランドの一本化(サークルKサンクスの消滅)は昨秋と今年1月にメディアに報じられていた。

 なお、商号についても、ユニー・ファミリーマートホールディングスに変更する予定。

関連記事

更新情報をSNSで配信しています!
「林檎舎ニュース」アカウントのツイッターフォロー・Facebookページに
【いいね!】お願いします!
Return Top