林檎舎ニュース

投稿日:2016/07/08

警視庁田園調布署で同じ上司の部下が相次いで拳銃自殺、上司は訓戒処分で先月退職

警視庁田園調布署で同じ上司の部下が相次いで拳銃自殺、上司は訓戒処分で先月退職

警視庁田園調布署(東京都大田区)で去年10月と今年2月に同じ地域課の警察官が相次いで署内で拳銃自殺をした問題で、2人が書き置きしたノートに同じ上司の名前が記されていたことが明らかになりました。警視庁では調査の結果「パワハラの事実はなかった」と判断しているが、管理職として普段の言動に問題があったとして、この上司を訓戒処分とした。上司は6月に退職(辞職)したとのことです。

この発表をうけ、ネット上では「どう考えてもパワハラ」という声が相次いで投稿されており、不信感を募らせている。

田園調布署では、去年10月5日午後9時過ぎ、地域課の男性警部補(当時29)が署の5階トイレ個室で拳銃を使って自殺しているのが見つかった。持っていたノートには上司の名前と批判する文言が残されていた。しかし、同署は年末、遺族に対して「自殺の原因は不明で、30人ほどの署員に聞き取りをしたがパワハラはなかった」と説明していた。

約4カ月後の今年2月21日午後10時半ごろ、地域課の別の男性警部補(当時53)が同じトイレ個室で、拳銃を使って自殺しているのが見つかった。制服のポケットにメモがあり、1件目と同じ上司を含む男女3人の署員の名字が書かれていたという。

警視庁では、両方のケースについて自殺の原因を調査したが、名前が書かれていた上司によるパワハラはなく、原因は不明と結論付けた。

一方、普段の言動に問題があったなどとして訓戒処分とし、この上司は先月6月に退職している。
警視庁は「拳銃使用による自殺が相次いだ事実を重く受け止め職務に専念できる職場環境の構築に努めていきたい」とコメントを発表しています。


田園調布署に注目集まる、ツイッターの反応

ネットの反応

警察の発表では「パワハラ(パワーハラスメント)の事実は無かった」とされていますが、二人が自殺している時点で「異常」という意見が多く投稿されており、田園調布署に対して不信感を抱く声が多く聞かれました。
2人殺した殺人犯でしょ。
再就職とか怖いので、実名報道して欲しい。
もし万が一パワハラは無かったとしても二人も自殺者が出るなんて異常じゃないですか?
パワハラした側は覚えはなくても相手が感じていたならパワハラでしょ。
しかも、二人ならなおさら。
あってもなかったと言える組織!
警察なんて、信用するもんじゃない。中には好い人も確かにいるが…
ただ身内を庇うだけの内部調査なんて何の意味もない。
もしほんとにパワハラがなかったなら…
なかったのに自殺者がでるほうが逆に問題だと思うけど?
二人が亡くなってる時点で分かる話でしょ?事実解明を・・
明らかにパワハラがあったと思うけどね。
パワハラ無かった。あっても日常茶飯事だから気づかないだけ。だから自分も辞めた。
残された部下の署員が「パワハラされました」なんて言ったら、この先仕事しづらいだろ。
「自分はパワハラされていません」って言うしかないだろ?
そのくらい分かれよ
聞き取り調査したって誰もパワハラがあったと言わないわな。公務員だし。
頑張ってる人もいるからあんまり警察批判したくないけど、隠蔽は良くないよね。
どこの会社でもパワハラはあると思うけど、警察、自衛隊、消防などは特にひどい印象がある。
人の命を守る仕事だから生ぬるい世界じゃないのだろうけど。
誰がパワハラを判断したの?警察側の「第三者」?
なら、そういう結果ありきだよね…
パワハラがあったとかなかったかとかいうのは他人が判断することではない。
いじめやセクハラもそうだが、やってる方がやってない、ではなく、やられてる方がそう感じれば立派ないじめやセクハラになる。
まだわかってない人が多いが、そういう理解できてない人が加害者になる。

関連記事

更新情報をSNSで配信しています!
「林檎舎ニュース」アカウントのツイッターフォロー・Facebookページに
【いいね!】お願いします!

コメント一覧

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 殺人事件なのにろくに捜査しない、職場のアンケートをまにうけて何もなかったと隠ぺい工作、やはりヤクザ顔負け、民間の人間を警察職員に入れないと浄化できない。死を無駄にしてはいけないのでは。誰か知恵を警察に入れてあげて下さい。

  2. By 万腰 泰三

    辞めりゃ済むの?

    署長には何のペナルティも無いの?

    http://www.bouhan.metro.tokyo.jp/90_archive/magazine/backnumber/mag_80.html

Return Top