林檎舎ニュース

投稿日:2016/03/29

エジプト航空機がハイジャックされキプロス・ラルナカ空港に着陸:一部人質を解放か・乗員乗客は81人

エジプト航空機がハイジャックされキプロス・ラルナカ空港に着陸:一部人質を解放か・乗員乗客は81人

日本時間の3月29日午後3時40分頃、エジプト航空の国内線旅客機「エジプト航空181便」(エアバス320型機)がハイジャックされ、地中海のキプロス・ラルナカ国際空港に着陸していると報道されました。

機内には乗員・乗客合わせて81人が乗っており、少なくとも1人の武装した男が飛行機を乗っ取ったとみられているほか、爆発物の存在も伝えられています。また、一部報道では人質となっている乗客のうち、女性と子供の約20人が解放されたとみられています。

追記:現地メディア情報では乗客の多くの人質が解放・乗員は残されたままと報道されました。

エジプト国営放送によれば、ハイジャック犯人はイブラヒム・サマハという名前とのこと。
人質解放交渉により、乗員と外国人乗客4人以外の人質は解放されたとエジプト航空発表。
【エジプト航空機 ハイジャックされたか】
ロイター通信がエジプトの航空当局の情報として伝えたところによりますと、日本時間の29日午後、エジプト北部のアレクサンドリアから首都カイロに向かっていたエジプト航空の航空機がハイジャックされ、キプロスの空港に向かったということです。
アレキサンドリア発カイロ行のエジプト航空機がハイジャックされ、キプロスのラルナカ空港に着陸したとのことです。現地報道によると、機内には銃を持った男を含めて約80人がいると(英語記事)
エジプト航空機がハイジャックされたとな。
エジプト航空機ハイジャック:ニュース報道 1
エジプト航空機ハイジャック:ニュース報道 2

エジプト航空機 ハイジャックされキプロスに着陸

 エジプト北部のアレクサンドリアから首都カイロに向かっていたエジプト航空の国内線の旅客機がハイジャックされ、地中海の島国キプロスの空港に着陸しました。

 エジプトの内務省によりますと、日本時間の29日午後、エジプト北部にある国内第2の都市、アレクサンドリアから首都カイロに向かっていたエジプト航空の国内線の旅客機がハイジャックされ、地中海の島国キプロスのラルナカ空港に向かったということです。

【参照】NHKニュースウェブ

エジプト機ハイジャックと報道・国内でも速報報道

関連記事

更新情報をSNSで配信しています!
「林檎舎ニュース」アカウントのツイッターフォロー・Facebookページに
【いいね!】お願いします!
Return Top