林檎舎ニュース

投稿日:2016/03/19

アラブ格安航空「フライドバイ」ボーイング737型機 ロシア南部のロストフナドヌー空港で着陸失敗・墜落

アラブ格安航空「フライドバイ」ボーイング737型機 ロシア南部のロストフナドヌー空港で着陸失敗・墜落

3月19日午前3時50分(日本時間9時50分頃)アラブ首長国連邦の格安航空「フライドバイ」のボーイング737型機がロシア南部「ロストフ・ナ・ドヌーの空港」で着陸失敗し墜落したと報じられました。ロシア非常事態省によると墜落した旅客機に乗っていた乗客55人と乗員7人の合計62人全員が死亡したということです。
現地メディアの報道で着陸時(墜落時)の映像が公開されていますが、かなりのスピードで墜落していることが確認できます。

記録では着陸をやり直した後の墜落だとみられており関連も含めて調査が行われています。また、モスクワの日本大使館では日本人の乗客がいなかったか確認を行っているということです。

※乗員乗客61人と報じられていましたが、全62人に訂正致しました。

墜落したフライドバイ ボーイング737の航空軌跡データ
【ロシア南部で旅客機墜落 着陸に失敗】
ロシアのインターファクス通信によりますと、ロシア南部ロストフ・ナ・ドヌーの空港で、19日、アラブ首長国連邦の航空会社「フライ・ドバイ」の旅客機が着陸に失敗して墜落したということです。
ロシア南部ロストフ・ナ・ドヌ空港フライドバイ航空981便(ボーイング737-8KN/A6-FDN)着陸失敗事故 視界不良でのゴーアラウンド後の2回目のアプローチ中に墜落 LCCだがドバイ政府が大株主で資金潤沢であり安全性は比較的高いと言われているが… #フライドバイ #FZ981
着陸の感じじゃない…
ドバイ発ロシア・ロストフナドヌー空港行きフライドバイ航空旅客機が着陸に失敗、乗員乗客62人全員死亡の恐れ。事故の瞬間を捉えたとされるビデオ
航空機発信電波を収集し公開している「フライトレーダー24」(@flightradar24)に記録された「フライドバイ航空」(#FlyDubai) #FZ981 便(UAEドバイ空港→ロシア・ロストフナドヌ空港)の航路軌跡データ。
【AFP=時事】ロシア南部のロストフナドヌー(Rostov-on-Don)空港で19日午前3時50分(日本時間同9時50分)ごろ、アラブ首長国連邦(UAE)の格安航空会社フライドバイ(FlyDubai)FZ981便のボーイング(Boeing)737 型旅客機が着陸に失敗して墜落・炎上した。国営タス通信(TASS)が地元当局者の話として伝えた。

 火は約1時間余り後にほぼ消し止められたが、乗客55人、乗員6人の計61人は全員死亡した。

【参照】ヤフーニュース

関連記事

更新情報をSNSで配信しています!
「林檎舎ニュース」アカウントのツイッターフォロー・Facebookページに
【いいね!】お願いします!
Return Top