林檎舎ニュース

投稿日:2016/07/29

中村絋子さん死去の知らせに悲しみ広がる、夫の庄司薫さんもコメント:日本を代表するピアニスト逝く

中村絋子さん死去の知らせに悲しみ広がる、夫の庄司薫さんもコメント:日本を代表するピアニスト逝く

ピアニストの中村紘子(本名 福田紘子)さんが7月26日、大腸がんのため死去した。72歳でした。葬儀は28日に近親者で営まれた。後日、お別れの会を開くという。

中村絋子さんは日本を代表するピアニストで、世界的に活躍した。
3歳でピアノを習い始め、中学3年のとき、今の日本音楽コンクールで史上最年少で1位になりました。
昭和40年には世界の一流ピアニストへの登竜門として知られる「ショパン国際ピアノコンクール」で、日本人で初めて4位に入る快挙を成し遂げ、その後も繊細さと躍動感を兼ね備えた演奏で多くのファンを魅了し、日本を代表するピアニストとして世界的に活躍しました。

これまでに国内外で3800回を超える演奏会を行い、平成20年に紫綬褒章を受章したほか、翌年には日本芸術院賞・恩賜賞に選ばれています。

私生活では74年、芥川賞作家の庄司薫さんと結婚。精力的に活動を続けてきたが、2014年に大腸がんが見つかり、一時休養していた。昨年6月に本格復帰を宣言したが、同8月に活動休止を発表。今年の春から活動を再開するなど、復帰と休養を繰り返していた。

中村絋子さんの死去をうけ、夫で作家の庄司薫氏がコメントを出すとともに、ネット上では中村さんの訃報の知らせに追悼のメッセージが相次いで投稿されている。

夫の庄司薫氏がコメント

中村紘子の夫で作家の庄司薫氏は、「誕生日(7月25日)をむかえる日も、このところみつけた、モーツァルトからラフマニノフまで、音色に新しい輝きを与える奏法を試すのだといって、興奮していました」「ぼくも、それを聞きたいと熱望していました。残念です」というコメントを出している。

中村絋子さんの訃報に悲しみの声相次ぐ

関連記事

更新情報をSNSで配信しています!
「林檎舎ニュース」アカウントのツイッターフォロー・Facebookページに
【いいね!】お願いします!
Return Top