林檎舎ニュース

投稿日:2016/06/28

共産党・藤野保史政策委員長が辞任、防衛費の「人を殺すための予算発言」で責任取る

共産党・藤野保史政策委員長が辞任、防衛費の「人を殺すための予算発言」で責任取る

共産党の藤野保史政策委員長は28日夜、党本部で緊急の記者会見を行い、26日のNHK番組で防衛費について「人を殺すための予算」と発言した責任を取って政策委員長の辞任を表明しました。同日、党の常任幹部会で決定した。当面は小池晃書記局長が政策委員長を兼務するとのこと。

藤野氏は会見で「多くの方から厳しい批判をいただいた。わが党の方針と異なる誤った発言であり、結果として自衛隊の皆さんを傷つけるものとなった。深く反省し、国民の皆さんに心からおわび申し上げる」と述べた。その上で「発言は撤回したが、党の方針と異なる発言をしたことは政策責任者として極めて重大であり、責任として職を辞したい」と説明した。

今月26日に放送されたNHKの参議院選挙特集で、共産党の藤野政策委員長は、今年度の防衛費について、「軍事費は戦後初めて5兆円を超えたが、人を殺すための予算ではなく、人を支えて育てる予算を優先していくべきだ」と発言し、その発言を取り消しましたが、自民党などから「不適切な発言だ」として批判が出されていました。

同席した小池書記局長は、藤野氏の後任について、「当面、私が政策委員長の職を代行して兼務する」と述べました。


共産党・藤野政策委員長の辞任、ネットでの反応は

自民が同じような事をやったら、議員辞職と任命責任を繰り返し叫ぶやん。
自分たちはどうするの?
もし日本に自衛隊が必要ないと思うなら被災した時に救助は求めない覚悟はしとかないと失礼。
これで更送しなければ共産党は無くなるかも。
共産党内では、全く問題ない発言ですが、日本人には恐ろしく批判発言です。
中国や韓国では無く、日本ですよ!
辞める事はないだろ
そういう思想家の集まりだって印になったのに
追認した民進党の山尾政調会長も更迭では。
共産党の政策委員長の職はどれだけ重いのか軽いかは理解できないが、
議員辞職しない意思表明と党の了承表明かね。
思わず本音が出ちゃったんだろうな。
藤野議員単独の発言では無い。志位は委員長として撤回も謝罪もしない。山尾に至っては、そのとうりと言わんばかりの態度。共産の本当の姿を垣間見て、目を覚ました人々は多い。
おいおい、議員辞職が先だろ!そんなことも分からないのか?国会議員は・・じゃなくて共産党の議員は
政策委員長辞任じゃなく、国会議員辞職でしょ。何を今更、自衛官やその家族は、許してくれませんよ。熊本地震災害の処理、大雨による災害派遣などで、黙々と頑張っている方々に失礼です。
発言よりもそう考えている議員が沢山いるこの党が問題。
共産党の綱領では自衛隊廃止を明記しているのだからこれが共産党議員の本音だろう
政策委員長を辞任しただけでは責任を取った事にはならない。責任を取るつもりなら議員辞職以外はありません。議員辞職をしないのであれば政策委員長も辞任しないでそのままの方が共産党批判が高まり日本の為になる。
熊本地震で風呂や食料支援した自衛隊を殺人とは呆れる…
批判が殺到した共産党熊本県連は苦しいはず…
辞職しろ
自分の立ち位置が全く分かってない
あれで国会議員ですか
委員長も甘いですね
他の政党には、うざいほど攻勢をかけるが
自分の党だと甘すぎる

共産党では、役が重すぎる
委員長の辞職は当たり前
早くやめろ

共産党にしては、あくまで共産党にしては厳しい結論を出したと評価してよかろう

でもはっきり言ってもう遅すぎる
完全に後手後手に回って辞任って炎上対応に完全に失敗した典型的なパターン

このダメージは投票日まで尾を引く可能性が非常に高い

共産党は初めて撤回したわね!
今まで共産党は党として発言を撤回したことがなかったのよ。

流石に今回は不適切だとしたの。それで処分したの。

そうしないと、不適切な所もありました、と認めた事になっちゃうからね。

ネットでは議員辞職が妥当では、といった声が上がる一方で「共産党にしては厳しい結論を出した」といった意見も出ています。藤野保史議員のこの発言は、夏に控える参院選挙への影響も少なからずありそうです。

関連記事

更新情報をSNSで配信しています!
「林檎舎ニュース」アカウントのツイッターフォロー・Facebookページに
【いいね!】お願いします!

コメント一覧

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1.  政策委員長の職は、党中央委員会から付託されたものであり、それを辞職するのは、党組織に責任をとっているだけでしかない。藤野が自ら述べているように、「深く反省し、国民の皆さんに心からおわび申し上げる」のであれば、国民から負託された国会議員の職を辞すべきである。「人殺し予算」の発言は、国会議員として不適切なのだ。政策責任者として不適切であるというのは責任のレベルのすり替えである。議員職にこだわるのは、見苦しい。この発言で選挙戦は終わった。もう選挙活動はしない。

Return Top