林檎舎ニュース

投稿日:2016/06/19

群馬県「妙義山」で行方不明の男性を中之岳の岩場で発見、登山道から滑落か…呼びかけに応じず

群馬県「妙義山」で行方不明の男性を中之岳の岩場で発見、登山道から滑落か…呼びかけに応じず

6月18日に群馬県「妙義山(みょうぎさん)」に登山に訪れ、その後、連絡がとれなくなっていた横浜市の男性を19日午前10時すぎ、中之岳の岩場で倒れている男性を発見・救助が行われました。

男性は登山道から岩場へ滑落したとみられていますが、警察の呼びかけに反応がないということです。警察が詳しい状況を調べています。

その後の報道で、男性の死亡が確認され、身元についても横浜市都筑区の会社員、廣部裕さん(60)と明らかになりました。

連絡がとれなくなっていたのは、横浜市に住む60歳の会社員の男性。18日午後9時すぎ、男性の妻から警察に「夫が日帰りで群馬県の山に行くといって出かけたまま帰らない」と通報があり、遭難の恐れがあるとしてヘリコプターなどで現場周辺を捜索していたところ、19日午前10時すぎ、下仁田町の妙義山の中之岳の岩場で倒れている男性を発見しました。男性は救助されましたが、警察の呼びかけに反応がない状況とのことです。

妙義山は最も高い峰で標高が約1100メートルあり、風化と共に独特な形になった岩・石が多いことから登山に訪れる人が多い場所。発見された男性は登山道から岩場に滑落したとみられており、警察は横浜市の男性とみて身元の確認を急ぐとともに、詳しい状況を調べているとのことです。

【不明60歳男性か 妙義山で発見】群馬県の妙義山で倒れている男性が見つかり、救出活動が行われている。「山に行く」と言って行方が分からなくなっていた男性か。

妙義山は危険といった声も

群馬・妙義山は、登山道が滑りやすいのが特徴です。特に、雨の日は足元を確かめて登らないと足が滑ります。妙義山を登山する場合は他の山の地面と違うので、細心の注意をはらって登ることです。
妙義山は鎖場もあるし天狗の評定などの危険な場所もあるからねぇ。甘く見るとかなり危険。
妙義の高低差は並の人にはキツいぞ(地元民)
妙義のお山は見かけによらず険しいトコだよ。
かなりの頻度で防災ヘリが妙義山へ飛んでるから……
地元の方でも「危ない」という群馬県の妙義山。風化し独特な形になった岩場を見に登山にくる人が多いようです。

発見された男性は岩場から滑落したとみられており、警察が身元の確認を急いでいます。

関連記事

更新情報をSNSで配信しています!
「林檎舎ニュース」アカウントのツイッターフォロー・Facebookページに
【いいね!】お願いします!
Return Top