林檎舎ニュース

投稿日:2016/06/19

妙義山「胎内くぐり」で転落事故…19日に救助された横浜市の男性の死亡確認、身元判明

妙義山「胎内くぐり」で転落事故…19日に救助された横浜市の男性の死亡確認、身元判明

6月19日午前10時前、群馬県の妙義山で行方不明になっていた男性が救助されましたが、同日午後になって死亡が確認されました。男性の身元は横浜市都筑区の会社員・廣部裕さん(60)さんと判明。廣部さんは妙義山の「胎内くぐり」と呼ばれる岩場の約60メートル下で発見され、転落した事故とみられています。

死亡が確認されたのは、横浜市都筑区の会社員、廣部裕さん(60)です。廣部さんは18日、妻に「日帰りで群馬県の山に行く」と伝え、下仁田町の妙義山に登山に訪れていました。夜になっても帰宅せず妻から通報があり、警察は19日朝からヘリコプターなどで現場周辺を捜索していました。

19日午前10時、妙義山の「胎内くぐり」と呼ばれる岩場のおよそ60メートル下で廣部さんとみられる男性が倒れており、病院搬送後、約1時間後に死亡が確認されました。

事故現場となった「胎内くぐり」は、風化によって岩に穴が空いているのが特徴。登山者の人気撮影ポイントだったようです。この岩場近くの登山道に廣部さんのリュックサックが残されていたということで、警察は、岩場から誤って転落したものとみて当時の状況などを調べています。

妙義山は最も高い峰で標高が約1100メートルあり、風化と共に独特な形になった岩・石が多いことから登山に訪れる人が多い場所です。

群馬 妙義山で発見の60歳男性 死亡確認

妙義山で発見された男性死亡、転落場所は観光ゾーン

群馬・妙義山は、登山道が滑りやすいのが特徴です。特に、雨の日は足元を確かめて登らないと足が滑ります。妙義山を登山する場合は他の山の地面と違うので、細心の注意をはらって登ることです。
妙義山のやつ呼びかけに応じないって書いてあったから、普通に「意識不明なのか」って思ったら「反応しないとか…レスキューの費用請求されるのが嫌なのかw」みたいなコメントあって(これサイコパスってやつか…)とゾワゾワしている。

普通そんな事思わないもん…

妙義山もいつか行こうと思ってる山だから滑落のニュース見ると反応しちゃう
妙義山の事故こわわ。この前行ったとこだわ
妙義山の事故、登山道じゃなくて観光地ゾーンか。
午前中に報じられた初報では転落場所が明らかになっていませんでしたが、「退治くぐり」と呼ばれる観光名所にもなっている場所だったようです。

関連記事

更新情報をSNSで配信しています!
「林檎舎ニュース」アカウントのツイッターフォロー・Facebookページに
【いいね!】お願いします!
Return Top