林檎舎ニュース

投稿日:2016/03/18(最終更新:2016/08/12)

八本松トンネル多重追突事故 トラック運転手の皆見成導容疑者を逮捕:トラック会社「ゴーイチマルエキスライン」にも緊急監査へ

八本松トンネル多重追突事故 トラック運転手の皆見成導容疑者を逮捕:トラック会社「ゴーイチマルエキスライン」にも緊急監査へ

3月17日に広島県東広島市の山陽自動車道「八本松トンネル」内で2人が死亡した多重追突(衝突)事故で、最初に追突したトラックの運転手、皆見成導容疑者を自動車運転処罰法違反(過失運転致死)容疑で逮捕しました。

また18日には、国土交通省関東運輸局が皆見成導容疑者の勤務先の運送会社「ゴーイチマルエキスライン」(埼玉県川口市)に緊急監査に入っています。国土交通省は、貨物自動車運送事業法に基づく今回の監査で運転手の勤務状況や健康管理に加え、トラックの整備記録などを確認し、安全管理に問題がなかったか調べることにしています。

【山陽道トンネル事故 トラックの運転手に逮捕状】
17日、広島県東広島市の山陽自動車道のトンネルで、渋滞中の車の列にトラックが突っ込んで車5台が炎上し、2人が死亡、67人がけがをした事故で、警察は過失運転致死の疑いでトラックの運転手の逮捕状をとりました。
山陽道トンネル事故 トラック会社を緊急に監査
 東広島市の山陽自動車道下り線「八本松トンネル」(844メートル)で2人が死亡した多重衝突事故で、広島県警高速隊は18日、自動車運転処罰法違反(過失致死)容疑で、渋滞中の車列に最初に追突した普通トラックを運転していた皆見成導容疑者(33)を逮捕した。これまでの調べに事故を起こしたことは認めているという。

 高速隊によると、運転手の男は運送会社「ゴーイチマルエキスライン」(埼玉県川口市)の社員で、1人で引っ越しの荷物を運んでいた。この事故で一酸化炭素中毒になり東広島市内の病院に入院していたが、18日午後0時40分ごろに退院した。現時点で、運転に影響を与えるような持病などは確認されていないといい、事故当時の状況や経緯などを詳しく調べる。

 また、高速隊は男のトラックと小型トラックに挟まる形で全焼した乗用車内で遺体で見つかった1人の身元確認も急いでいる。

 山陽道下り線西条インターチェンジ(IC)-志和IC間の通行止めは18日午前11時15分に解除された。

【参照】ヤフーニュースより一部抜粋

 17日、広島県の山陽自動車道のトンネルで渋滞中の車の列にトラックが突っ込み、2人が死亡し67人がけがをした事故で、国土交通省は、トラックの運転手が勤務する埼玉県内の運送会社に緊急に監査に入りました。国土交通省は、安全管理に問題がなかったか調べることにしています。

 緊急監査に入ったのは、埼玉県川口市に本社がある運送会社「ゴーイチマルエキスライン」です。

 18日午後1時半ごろ、国土交通省関東運輸局の担当者が事務所に入りました。この事故は、17日、広島県東広島市にある山陽自動車道八本松トンネルの下り線で、渋滞中の車の列にトラックが突っ込み、2人が死亡し、煙を吸うなどして67人がけがをしたものです。

 国土交通省は、貨物自動車運送事業法に基づく今回の監査で、運転手の勤務状況や健康管理、それに、トラックの整備記録などを確認し、安全管理に問題がなかったか調べることにしています。

【参照】NHKニュースウェブ

関連記事

更新情報をSNSで配信しています!
「林檎舎ニュース」アカウントのツイッターフォロー・Facebookページに
【いいね!】お願いします!
Return Top