林檎舎ニュース

投稿日:2015/12/14

橋下綜合法律事務所「橋下徹」大阪市長が自身に対する“批判的表現”をけん制:ツイッター上で告知

橋下綜合法律事務所「橋下徹」大阪市長が自身に対する“批判的表現”をけん制:ツイッター上で告知

間もなく大阪市長の任期が終了する「橋下徹」現大阪市長が12月13日の夜、自身のツイッター上で今後の自身への批判的表現ついて「橋下綜合法律事務所」と法律事務所名で告知を行いました。
今まで多くの批判に晒されてきた橋本市長ですが、任期終了後は“私人”となり法律家として活動していく為のけん制では、と報道されています。

これまで橋下に対する批判的表現は公人に対する表現として最大限容認してきました。しかしこれから橋下は私人になりますし、当事務所の信用問題にかかわりますので、今後は橋下の社会的評価を低下させる表現に対しては厳しく法的対処をしていきます。ご注意下さい。橋下綜合法律事務所
「今後は厳しく法的対処します。ご注意下さい。橋下綜合法律事務所」政治家引退後について橋下氏がツイッターで“告知”

「これから橋下は私人になりますし、当事務所の信用問題にかかわります。今後は橋下の社会的評価を低下させる表現に対しては厳しく法的対処をしていきます。ご注意下さい。橋下綜合法律事務所」

橋下徹大阪市長は13日夜、ツイッターで、18日の市長退任以降について、自身の法律事務所名のこんな「告知」を書き込み、政治家という公人を降りたあとは、“本業”の法律家として対応する姿勢を強調した。

これまでさまざまな相手と論争を繰り広げた橋下氏だが、大阪維新代表辞任から一夜明けた13日もツイッター上で、財政や慰安婦などの問題についてジャーナリストらとほぼ一日中論争。そのなかで、「橋下に対する批判的表現は公人に対する表現として最大限容認してきました」「メディアや公人などにはバカと言うが、私人個人には言わない。ただし相手から人格攻撃をしてくればやり返す」と、政治家としての従来のスタンスを強調した。

さらに「僕が激しく批判をしている学者連中は、上から目線で、人をバカにしたような批判を先にしてきた連中。人格攻撃をしてきたバカ学者もいた」とし、今後への予防線をはった。

【参照】ヤフーニュース

関連記事

更新情報をSNSで配信しています!
「林檎舎ニュース」アカウントのツイッターフォロー・Facebookページに
【いいね!】お願いします!
Return Top