林檎舎ニュース

投稿日:2016/06/22

6月22日は雛見沢村を襲った雛見沢大災害発生から33年目の夜、懐かしいといった声【ひぐらしのなく頃に】 

6月22日は雛見沢村を襲った雛見沢大災害発生から33年目の夜、懐かしいといった声【ひぐらしのなく頃に】 

6月22日、「ひぐらしのなく頃に」の作品中で雛見沢村を襲った「雛見沢大災害」から33年の時が経ったと明らかになり、ネット上で話題となっています。事件が起きたのは21日夜から22日未明にかけて起きており「懐かしい」といった声などが多くあがっています。

22日午前0時前後には「雛見沢大災害」がトレンド入りし注目を集めました。

・・・嫌な事件だったね。。。
本日6/21深夜から、翌22日未明にかけては、雛見沢村を襲った、あの『雛見沢大災害』から33年目の夜なのですよ、あぅあぅ
今日6/21未明から22にかけて生存者1名を残し、他の村人が全滅した雛見沢大災害の発生日。
昭和58年6月だから今年で33年目かな?
オヤシロ様のたたりじゃー

…あぅあぅぅ…たたりとか違うのです…勘違いも甚だしいのですぅ…#雛見沢大災害

雛見沢村を襲った「雛見沢大災害」概要

雛見沢大災害とは、雛見沢村で1983年6月21日に発生した自然災害である。
1983年6月21日深夜から22日早朝にかけて、雛見沢にある鬼ヶ淵より猛毒の火山性ガス(硫化水素 二酸化炭素など)が噴出し数時間をかけて村内全域を覆いつくした。このガスにより雛見沢住人1200名余りが死亡。近隣地区の60万人が避難した。

ただし近年、三十四号文書なる資料が見つかったことにより、雛見沢大災害が人為的に起こされたものではないのかと噂を呼んでいる。

http://dic.nicovideo.jp/a/%E9%9B%9B%E8%A6%8B%E6%B2%A2%E5%A4%A7%E7%81%BD%E5%AE%B3

33年目の雛見沢大災害発生日、ネットでの声は

今日は何の日 雛見沢大災害があった日
ひぐらしの季節が近づいてきたと思ったら、今日は雛見沢大災害の日だったとは……
ひぐらしまた見たいなぁ!名作ですね!
追悼・雛見沢大災害33周年。
リリースからそうとう時間が経過しているのでしょうがないけど雛見沢大災害で検索すると簡単に詳細が出てきますねえ(´ω`;)
Twitterに溢れる「雛見沢大災害」の文字に懐かしい気持ちでいっぱいになってる
33年前のちょうどこの時間くらいか・・・
火山性ガス怖いな
雛見沢大災害恐ろしや
雛見沢大災害を忘れてはいけない
火山性ガスは危険
おお、雛見沢大災害の日や!←ちょうどひぐらし読んでた
ひぐらしもうみねこも本当に素敵な作品。あいがなければみえないのです。
当時多くの人に衝撃を与えた「ひぐらしのなく頃に」で起きた雛見沢大災害から33年目の夜ということで、ネットには「懐かしい」「追悼33周年」といった声が多く投稿されています。

関連記事

更新情報をSNSで配信しています!
「林檎舎ニュース」アカウントのツイッターフォロー・Facebookページに
【いいね!】お願いします!
Return Top