林檎舎ニュース

投稿日:2016/02/05(最終更新:2016/02/26)

鴻海精密工業とシャープ 2月29日までに正式買収か「優先交渉権でサイン」郭台銘会長が発表

鴻海精密工業とシャープ 2月29日までに正式買収か「優先交渉権でサイン」郭台銘会長が発表

2016年2月5日夕方、経営再建中のSHARP(シャープ)の支援で鴻海(ホンハイ)精密工業の買収を受け入れ、2月末に最終契約の運びとなりそうだと報道されました。シャープは当初、官民ファンド「産業革新機構」からの出資を受け入れる方針だったが、最終的に優先交渉権を獲得した鴻海(ホンハイ)に買収される形となりそうです。

夕方にはシャープ本社で鴻海工業の郭台銘会長が「優先交渉権でサインをした」と報道陣に答えています。

【速報】台湾の鴻海精密工業とシャープは2月29日に正式買収合意へ 鴻海の郭会長発表
鴻海会長、シャープ支援で「優先交渉権を獲得」
結果はどうであれ、従業員のリストラはしないと言い切った鴻海(ホンハイ)精密工業の会長も偉い。
 台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業の郭台銘董事長は5日、シャープ買収に向けて優先交渉権を得たと表明した。最終契約は2月末を目指したいと語った。郭氏が5日にシャープの高橋興三社長と協議後、記者団に明らかにした。

 シャープは4日の取締役会議で鴻海案を協議し、優先的に交渉することにしていた。これを受け郭氏が来日し、5日に大阪市のシャープ本社で高橋社長らと詰めの協議をした。鴻海は総額7000億円規模の支援を提案しているとみられている。

【参照】日本経済新聞

関連記事

更新情報をSNSで配信しています!
「林檎舎ニュース」アカウントのツイッターフォロー・Facebookページに
【いいね!】お願いします!
Return Top