林檎舎ニュース

投稿日:2016/03/13

兵庫県加古川市で観光バスにはねられ小学生の浅田凌空くんが死亡する事故:バス側の信号が青だったとの目撃情報も

兵庫県加古川市で観光バスにはねられ小学生の浅田凌空くんが死亡する事故:バス側の信号が青だったとの目撃情報も

3月12日午後4時半過ぎ、兵庫県加古川市別府町西脇の信号交差点で道路を渡ろうとしていた浅田凌空(りく)くんが走ってきた観光バスにはねられ死亡する事故が起きました。凌空くんは病院に搬送されましたが、まもなく死亡が確認されました。

事故を起こしたバスは営業所に戻る途中で乗客は乗っておらず、運転手にケガはありませんでした。目撃者の情報ではバスの進行方向の信号は青信号だったらしく、警察は詳しい事故原因を調べています。

【入学前にバスにはねられ死亡】兵庫県加古川市で、横断歩道を歩いていた6歳男児が観光バスにはねられて死亡。4月から新1年生として小学校に通う予定だった。
観光バスにはねられ6歳男児死亡 加古川:  12日午後4時半ごろ、兵庫県加古川市別府町西脇の県道交差点… 【神戸新聞】

 

12日午後、兵庫県加古川市で、男の子(6)が観光バスにひかれ死亡する事故があった。

 事故があったのは、加古川市別府町西脇の信号のある交差点で、午後4時半すぎ、道路を渡ろうとしていた近くに住む浅田凌空くんが走ってきた観光バスにはねられた。凌空くんは頭を強く打っていて、搬送先の病院でまもなく死亡した。

 当時、バスは営業所に戻る途中で乗客は乗っておらず、運転手にケガはなかった。

 警察によると、事故直後、バスは現場から離れようとしたが、後ろを走っていた車に呼び止められ、現場に戻ったという。

 また、事故当時バスの進行方向の信号は青だったという目撃情報があり、警察は運転手から事情を聴くなどして、詳しい事故の原因を調べている。

【参照】日テレニュース24

関連記事

更新情報をSNSで配信しています!
「林檎舎ニュース」アカウントのツイッターフォロー・Facebookページに
【いいね!】お願いします!
Return Top