林檎舎ニュース

投稿日:2016/08/25(最終更新:2016/08/27)

井上翼さん殺人事件で出頭した少年を殺人容疑で逮捕の方針:死因は溺死、暴行のうえ川を泳がせた疑い

井上翼さん殺人事件で出頭した少年を殺人容疑で逮捕の方針:死因は溺死、暴行のうえ川を泳がせた疑い

8月23日に埼玉県東松山市の都幾川の河川敷でおきた殺人事件で、同県吉見町に住む井上翼さん(16)を殺害したとして、24日に警察に出頭した16歳の少年が殺害にかかわっている供述をしていることから、殺人容疑で逮捕する方針を固めた。

警察はこれまでの調べから、井上翼さんが事件に巻き込まれ殺害されたと判断し、東松山警察署に捜査本部を設置しました。

24日には井上さんの遺体の司法解剖を行い、死因が溺死だったと判明している。また、井上さんは事件現場の都幾川で全裸になって泳ぐよう指示され、現場に居合わせた少年がその一部始終を動画に撮影していたことがわかった。

事件後には、犯行に関与したとみられる少年らがLINEを使ってやり取りしており、井上さんを殺害したことについても、LINEのトークルーム上でやり取りがあったと明らかになっています。

井上翼さんの殺人事件で知人少年ら逮捕の方針1
井上翼さんの殺人事件で知人少年ら逮捕の方針2

知人らのLINEには井上翼さんを暴行した証拠

井上翼さんの知人が、遺体が発見されたその日、井上さんの知人が暴行を加えたうえ、全裸で川を泳がせ殺害し、遺体発見現場に埋めたという趣旨の話を周囲に伝えていたことがわかった。

更にその後の調べで、泳ぐのが苦手という井上さんに対し、全裸で川を泳ぐように命令している動画を、現場に居合わせた少年の1人が撮影していた。警察はこの動画に関しても詳しく調べている。

また事件後、少年2人が近くの交番を訪れ、「友人が人を殺したと言っている」などと話し、遺体が埋められている都幾川の河川敷の遺体発見現場の場所を説明したことが明らかになっている。この事件には複数の少年が関与している可能性がある。

24日には16歳の少年が警察に出頭

24日未明、16歳の少年が父親に付き添われ、警察に出頭したことで事件捜査は大きく動いた。

出頭した16歳の少年は井上翼さんの殺害に関与した旨の供述をしており、引き続きこの少年から事情を聞くと共に、殺人の疑いで逮捕する方針だという。この少年以外にも事件に関与している人物が複数いるとみられており、関与が疑われる人物からの聴取を行うという。

警察はこれらの事実から24日夜、東松山警察署に捜査本部を設置し、殺人容疑として捜査を行うとしている。


司法解剖で死因は溺死と判明

警察は上半身裸の状態で東松山市・都幾川の河川敷で遺体が発見された井上翼さんの司法解剖を行った。その結果、井上さんの死因は溺死と判明。

死体の第一発見者の人の話では目立った外傷が少なかったという証言に加え、全裸で川を泳がされていた事実が明らかになっており、暴行を受けたことが直接的な死因ではないとわかった。

また、井上翼さんの父親は取材に対し「大切な息子がこのようなことになってしまい、家族一同、今は大変動揺しており、深く悲しんでいます」というコメントを出している。

関連記事

更新情報をSNSで配信しています!
「林檎舎ニュース」アカウントのツイッターフォロー・Facebookページに
【いいね!】お願いします!
Return Top