林檎舎ニュース

投稿日:2016/05/03(最終更新:2016/05/04)

有毒植物「イヌサフラン」を誤って販売・食中毒への注意呼びかけ…飛騨市古川町の地場産市場「榧(かや)の里」で3束が購入される

有毒植物「イヌサフラン」を誤って販売・食中毒への注意呼びかけ…飛騨市古川町の地場産市場「榧(かや)の里」で3束が購入される

岐阜県飛騨市古川町の地場産市場「榧(かや)の里」にて有毒植物のイヌサフランがギョウジャニンニク(行者にんにく)として販売されていたことが明らかになりました。5月2日までに3束の購入者が分かっておらず、手元にある場合は食べないように注意を呼びかけています。

発覚の経緯は榧の里でギョウジャニンニクだと思って買った男性から「味が苦い」と連絡があり、岐阜県が岐阜薬科大学に鑑定を依頼したところ、有毒のイヌサフランの可能性が明らかになったという。

イヌサフランの葉はギョウジャニンニクやギボウシ、りん茎の部分はジャガイモやタマネギと間違えて食べてしまう例が過去にもあり、摂取後に死亡したケースも報告されており、厚生労働省も食中毒被害への注意を呼びかけています。

厚生労働省:有毒植物「イヌサフラン」に注意呼びかけ
【有毒植物が疑われる山菜の販売について1/2】

平成28年5月1日(日)から5月2日(月)にかけて、岐阜県飛騨市の地場産市場「榧の里(かやのさと)」で「ギョウジャニンニク」として販売された山菜が、有毒植物である「イヌサフラン」である可能性が高いことが判明しました。

お手元にある場合は、食べないようにしてください。詳細はホームページ(重要なお知らせ)をご覧くださ い。http://www.city.toyohashi.lg.jp/
豊橋市保健所生活衛生課
電話0532-39-9124

岐阜県飛騨市古川町の産地直売所「榧の里」で販売されたギョウジャニンニクが、有害植物だった疑いが強まり、岐阜県が注意を呼び掛けています。
客が異常に気付き、岐阜薬科大学が調べたところ、有害植物のイヌサフランの疑いが強いことが判明。岐阜県が注意呼びかけ。
【GW中も発生!有毒植物による食中毒】
イヌサフランの葉を「ギボウシ」や「ギョウジャニンニク」と間違って食べて食中毒が発生。おう吐、下痢、皮膚の知覚減退、呼吸困難等の中毒症状。

「イヌサフラン」とは

イヌサフランのりん茎(球根)や種子にはコルヒチン(colchicine)という物質が含まれている。この物質は痛風薬としても薬事法で認可、販売、処方されている。また植物の細胞分裂に影響を与えて倍数体にする作用があり、品種改良などに使われる。医学・薬学方面ではイヌサフランをコルヒクム、種子をコルヒクム子、球根をコルヒクム根ということがある。

イヌサフランの葉は時に食用の山菜であるギョウジャニンニクと、りん茎はジャガイモやタマネギと間違えられることがある。また、ミョウガに間違われた事例もあった。イヌサフランは上記のとおりコルヒチンを含んでおり、これを誤って摂取すると皮膚の知覚が麻痺したり重症になると呼吸困難で死亡する。

またサフランと似ているため、花柱を乾燥させた物がスパイスや鎮静・鎮痛・通経薬として使用できると誤認しての中毒例もある。2007年4月には新潟県で50代の男性がギョウジャニンニクと一緒に誤ってイヌサフランを摂食し、その後死亡した[1]。

2014年9月には静岡県で70代の男性が、ギョウジャニンニクと間違えて栽培を続けていたイヌサフランを煮物にして食べ、その後死亡した[2][3]。2015年9月には山形県で高齢の女性が観賞用として栽培していたイヌサフランを摂食し、その後死亡した[4]。

【参照】ウィキペディア:イヌサフランの項目

山菜と誤って有毒の植物を販売か 飛騨市(岐阜県)

 岐阜県飛騨市の商店で2日、ギョウジャニンニクとして販売された山菜が、有毒のイヌサフランの可能性が高いことが分かった。岐阜県は手元にある場合、決して食べないようにと呼びかけている。

 岐阜県などによると、2日午後0時半ごろ、飛騨市古川町の地場産市場「榧(かや)の里」に山菜を購入した男性から「ギョウジャニンニクとして買ったが味がにがい。違うものではないか」などと連絡があった。

 岐阜県が岐阜薬科大学に画像による鑑定を依頼したところ、ギョウジャニンニクではなく、有毒のイヌサフランの可能性が高いことが分かった。イヌサフランにはコルヒチンという毒性物質が含まれていて、重症の場合には死亡することもあるという。店は飛騨市の農家から仕入れ、1日と2日で計5束が販売され、うち3束の購入者が分かっていないという。

【参照】日テレニュース24

関連記事

更新情報をSNSで配信しています!
「林檎舎ニュース」アカウントのツイッターフォロー・Facebookページに
【いいね!】お願いします!
Return Top