林檎舎ニュース

投稿日:2015/11/15(最終更新:2015/12/02)

大喜利王決定戦「IPPONグランプリ」第14回大会はバナナマン 設楽 統がロバート秋山を倒し優勝!

大喜利王決定戦「IPPONグランプリ」第14回大会はバナナマン 設楽 統がロバート秋山を倒し優勝!

芸人大喜利王決定戦「IPPONグランプリ」第14回大会が11月14日に放送され、決勝戦にバナナマン:設楽とロバート:秋山の2人が進出。決勝戦では設楽が2本連続で先取。秋山も1本取り返したものの、次の出題で設楽が3本目を獲り5年半ぶりに優勝しました。

第14回IPPONグランプリ:優勝:バナナマン設楽
第14回IPPONグランプリ:優勝:バナナマン設楽 2
第14回IPPONグランプリ:優勝:バナナマン設楽 3
第14回IPPONグランプリ:優勝:バナナマン設楽 4
第14回IPPONグランプリ:ロバート秋山
第14回IPPONグランプリ:優勝:オードリー若林
最後にIPPONを取った瞬間、回答をパタってふせたのがすごいかっこよくて好きだ
あっくんIPPONでてる
若林さんのIPPON
「IPPONグランプリ」設楽統が5年半ぶり2度目V

大喜利の祭典、フジテレビ「IPPONグランプリ」が14日にフジテレビで放送され、「バナナマン」設楽統(42)が優勝した。

2009年12月に深夜枠でスタート。第5回(11年6月)から「土曜プレミアム」枠、年2回放送が定着。今回、第14回大会を迎えた。

予選Aブロックは、「ロバート」秋山竜次(37)がバカリズム(39)との同点決勝を制し決勝進出。Bブロックは初出場の「さまぁ~ず」三村マサカズ(48)を含め4人が同点で並ぶ展開となり、設楽が勝ち抜けた。

決勝は設楽と秋山がポイントを取り合う展開になり、「山内さんと山ノ内さんの決定的な違いを教えて下さい」というお題でポイントを取った設楽が頂点をつかんだ。設楽にとって10年3月に行われた第2回以来5年半ぶり2度目の優勝となった。

【参照】ヤフーニュース

関連記事

更新情報をSNSで配信しています!
「林檎舎ニュース」アカウントのツイッターフォロー・Facebookページに
【いいね!】お願いします!

コメント一覧

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. バカリって何がすごいの?どの辺が面白いの?昔から面白いと思ったことが一度もない。誰か教えて?

Return Top