林檎舎ニュース

投稿日:2016/03/25

トルコで拘束され強制退去処分の日本人男性が帰国:和歌山県出身の24歳 警察から任意聴取

トルコで拘束され強制退去処分の日本人男性が帰国:和歌山県出身の24歳 警察から任意聴取

3月23日に過激派組織IS(イスラミックステート)に加わるためシリアに入ろうとした所をトルコ国内で治安部隊に拘束された24歳の日本人男性が強制退去処分となり、24日19時頃に関西空港に到着・帰国した話題が注目を集めています。

関西空港には多くの報道陣が待ち構え「ISに加わろうとしたのか」という質問に「していない」と答えています。この男性は飛行機から降りた後、警察車両に乗り込み空港を後にしており、警察から任意で事情を聴かれています。

【拘束の邦人帰国 IS行きは否定】過激組織「イスラム国」に志願したとして、トルコ当局に拘束された邦人が帰国。空港でイスラム国への志願は否定した。
トルコから帰国した日本人男性は和歌山県警の任意の事情聴取に「日本での生活が嫌になった」と説明。
拘束男性がトルコから帰国、任意聴取 経緯など確認
トルコ国外退去処分の男性が帰国 任意聴取へ

トルコ国外退去処分の男性が帰国 任意聴取へ

トルコ国内で治安当局から事情聴取を受け国外退去処分となった日本人の20代の男性が24日夜、帰国し、警察は経緯などについて任意で事情を聴くことにしています。男性は取材に対し、過激派組織IS=イスラミックステートに加わろうとしていないと話しています。

日本人の20代の男性はトルコ国内で治安当局から事情聴取を受け、24日、国外退去処分となり、24日午後7時すぎ、関西空港に到着した航空機で帰国しました。

トルコの複数のメディアは、この男性が治安当局の調べに対し、「ISに加わるために国境を越えてシリアに入ろうとした」と話したほか、シリア国内のISのメンバーとソーシャルメディアで連絡を取り合っていたと伝えています。

空港に到着した男性は警察官に伴われて航空機から降り、警察の車両に乗り込んで空港を後にしました。

【参照】NHKニュースウェブ

トルコから国外強制退去の日本人男性が帰国、猛バッシングを受ける

関連記事

更新情報をSNSで配信しています!
「林檎舎ニュース」アカウントのツイッターフォロー・Facebookページに
【いいね!】お願いします!
Return Top