林檎舎ニュース

投稿日:2016/07/13

イタリア南部プーリア州の列車衝突事故で死傷者増加、少なくとも22人が死亡

イタリア南部プーリア州の列車衝突事故で死傷者増加、少なくとも22人が死亡

7月12日午前11時頃、イタリア南部プーリア州(Puglia)で発生した列車同士の正面衝突事故で、当初の報道で「死者は20人以上に上る可能性がある」と報道されていましたが、地元警察によると、13日午前4時の時点で少なくとも22人の死亡が確認され、43人が負傷。うち4人が重体だという。

衝突事故が起きた現場はイタリア南部のプーリア州・アンドリア郊外。鉄道の単線が走っており、4両編成の列車同士が正面衝突した。

事故を起こした車両の正面部分は大破しており、死傷者はまだ増える見通しだという。現場では気温が40℃に達する中、約200人の救助隊による救助活動が続けられている。

イタリアの運輸当局は現地に調査官を派遣して事故の原因について詳しく調べることにしています。また、ローマにある日本大使館では現在、日本人が事故に巻き込まれていないか確認を急いでいるということです。

列車同士が正面衝突、事故現場の写真など

イタリアプーリア州の列車衝突事故・現場写真1
イタリアプーリア州の列車衝突事故・現場写真2
イタリアプーリア州の列車衝突事故・現場写真3
イタリアプーリア州の列車衝突事故・現場写真4
イタリアプーリア州の列車衝突事故・現場の様子1
イタリアプーリア州の列車衝突事故・現場の様子2

イタリアの列車事故、ツイッターの反応

この列車同士の正面衝突事故で衝撃的な映像が報道されており、多くの人が驚いています。死者・負傷者はまだ増える見通しとのことです。

関連記事

更新情報をSNSで配信しています!
「林檎舎ニュース」アカウントのツイッターフォロー・Facebookページに
【いいね!】お願いします!
Return Top