林檎舎ニュース

投稿日:2015/12/27

【JR函館線】 北海道旭川市トンネル火災:深川~旭川駅間で運転見合わせ・運休続く、道央道も吹雪で一部通行止め

【JR函館線】 北海道旭川市トンネル火災:深川~旭川駅間で運転見合わせ・運休続く、道央道も吹雪で一部通行止め

12月27日朝、JR北海道管轄・JR函館線のトンネル内で発生したトンネル火災の影響で函館線 深川~旭川駅間の上下線で運転見合わせが続いています。11時過ぎの時点でも消火活動が続いており、JR北海道の発表では特急列車(特急オホーツク・特急スーパーカムイ・特急スーパー宗谷 等)、快速エアポートが始発から終日の運休を決めています。

また吹雪の影響で北海道高速道路の一部区間(道央道旭川方面 上下線 士別剣淵IC~深川IC間)も通行止めとなっているようです。

JR函館線:トンネル火災
JR函館線トンネルで火災 特急など運休
函館本線【運転見合わせ】伊納〜近文駅間で発生したトンネル火災の影響で、現在も深川〜旭川駅間の運転を見合わせています。また、運転区間の一部列車に運休が出ています。(12/27 10:00)
伊納~近文のトンネル火災の影響で、スーパーカムイ、深川行き出現
JR函館線トンネルで火災 特急など運休

27日朝、北海道旭川市などを通るJR函館線のトンネルの中で、天井や壁に設置されたウレタンが燃えているのが見つかり、消防が消火活動を続けています。けが人や列車への被害はないということですが、火事の影響でこれまでに特急など35本の列車が運休しています。

JR北海道によりますと、27日午前5時ごろ、旭川市と鷹栖町にまたがるJR函館線の伊納駅と近文駅の間のトンネルの中で架線から火花が出ているのを、回送列車の運転士が見つけました。
通報を受け消防や警察が駆けつけたところ、架線のほかに、トンネル内の水漏れなどを防ぐために壁や天井に設置されたウレタンが燃えているのが確認され、消防が消火活動を続けています。

警察によりますと、けが人や列車への被害はないということですが、トンネル内に煙が充満しているため消火に時間がかかっているということです。
火事の影響で、JR函館線は深川駅と旭川駅の間の上下線で始発から運転を見合わせていて、札幌と旭川や網走とを結ぶ特急など合わせて35本の列車が運休したり運休を決めたりしています。

【参照】NHKニュースウェブ

関連記事

更新情報をSNSで配信しています!
「林檎舎ニュース」アカウントのツイッターフォロー・Facebookページに
【いいね!】お願いします!
Return Top