林檎舎ニュース

投稿日:2016/04/07(最終更新:2016/04/08)

鹿児島で消息不明の自衛隊点検機の部品を山間で発見:8日までに乗組員6人全員を心肺停止状態で発見

鹿児島で消息不明の自衛隊点検機の部品を山間で発見:8日までに乗組員6人全員を心肺停止状態で発見

3月7日午後1時15分頃、鹿児島県高隈山付近で消息途絶え、行方不明となっていた航空自衛隊入間基地所属のU-125点検飛行機の機体部品の一部が発見されました。4月8日午前までに乗組員6人全員が心肺停止状態で発見されました。

【追記訂正】
16時の報道で発見されたのは行方不明6人の内、1人を発見。その後3人が発見されましたが、心肺停止状態とのことです。防衛省は8日朝から残り2人の行方を捜索していましたが、午前中に2人を心肺停止状態で発見。これで乗組員6人全員が発見されました。

【自衛隊機の乗員か さらに1人心肺停止で発見 計6人に】
6日、鹿児島県の山中に自衛隊機が墜落した事故で、防衛省は8日午前9時25分ごろ乗員とみられる1人を発見したのに続いて、午前9時50分ごろさらに1人を発見したと発表しました。
これで見つかったのは合わせて6人となりましたが、いずれも心肺停止の状態です。また、これまでに2人をヘリコプターで鹿屋基地に運んだということです。
(2016年4月8日 10:50 NHK)
【防衛省 心肺停止は1人と訂正】
防衛省は、6日消息を絶った航空自衛隊機の乗員とみられる6人が、7日午後、心肺停止の状態で見つかったと発表しましたが、さきほど、見つかったのは1人だと訂正しました。
防衛省は、このほかの5人について、引き続き行方を捜しています。

自衛隊機の乗員か 2人を心肺停止で発見 計6人に

 6日、鹿児島県の山中に自衛隊機が墜落した事故で、防衛省は8日午前、乗員とみられる2人を新たに発見したと発表し、見つかったのは合わせて6人となりました。いずれも心肺停止の状態で、自衛隊は身元の確認を進めるとともに、墜落の原因を調査することにしています。
【参照】NHKニュースウェブ

不明の自衛隊機乗員か 新たに3人心肺停止で発見

 防衛省は、6日、航空自衛隊機が消息を絶った鹿児島県の山あいで、乗員とみられる3人を新たに発見したと発表しました。これで見つかったのは合わせて4人となりましたが、いずれも心肺停止の状態で、防衛省は8日朝からほかの2人の行方を捜すことにしています。

【参照】NHKニュースウェブ

防衛省 心肺停止は6人でなく1人と訂正

 防衛省は、6日消息を絶った航空自衛隊機の乗員とみられる6人が、7日午後、心肺停止の状態で見つかったと発表しましたが、さきほど、見つかったのは1人だと訂正しました。防衛省は、このほかの5人について、引き続き行方を捜しています。

【参照】NHKニュースウェブ

関連記事

更新情報をSNSで配信しています!
「林檎舎ニュース」アカウントのツイッターフォロー・Facebookページに
【いいね!】お願いします!

コメント一覧

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 桃村(ペンネーム)

    自衛隊機の破片と乗員の遺体の発見位置にズレがある事から乗員は墜落・爆発で死亡したというより空中分解により投げ出された可能性があるのでは無いだろうか?

Return Top