林檎舎ニュース

投稿日:2015/12/28

鹿児島県鹿屋市で信管が残った「不発弾」が発見、自衛隊の出動で撤去される

鹿児島県鹿屋市で信管が残った「不発弾」が発見、自衛隊の出動で撤去される

12月27日の午後4時頃、鹿児島県鹿屋(かのや)市今坂町の農産物直売所「鹿文の郷(かやのさと)」駐車場で小学生が不発弾のようなものでキャッチボールしており、調べたところ直径約7.5センチの不発弾だと判明。処理の為、自衛隊目達原(めたばる)駐屯地の不発弾処理隊が出動し28日未明に撤去されたようです。

小学生達は駐車場近くに埋まっていた不発弾を引き抜いたようで、旧日本軍の砲弾だと言われています。

【小学生が地中不発弾引き抜く】鹿児島県鹿屋市の農産物直売所で、小学生が不発弾のようなもので遊んでいるのを出入り業者が見つけ通報。自衛隊が撤去した。
鹿児島の小学生が旧日本軍砲弾の不発弾でエクストリームキャッチボール
自衛隊が冷静に不発弾処理【鹿児島の日常】
しょっちゅう見つかるんだもの不発弾
27日午後4時頃、鹿児島県鹿屋(かのや)市今坂町の農産物直売所「鹿文(かや)の郷(さと)」駐車場で、5、6人の小学生が不発弾のような物を持って遊んでいるのを直売所の出入り業者が見つけ、県警へ通報した。

調べたところ長さ約28センチ、直径約7・5センチの不発弾と判明。信管が残っており、爆発の危険もあるため陸上自衛隊目達原(めたばる)駐屯地(佐賀県)の不発弾処理隊が出動し、28日未明に撤去した。

市によると、駐車場の近くに一部が地表に出た状態で埋まっていた。小学生たちは27日午後3時半頃に地中から引き抜いた。けが人はなかった。旧日本軍の砲弾とみられるという。

現場は市役所から西約2・5キロで、田畑の中に民家が点在している。市などは不発弾を駐車場に置き、周囲を土のうで囲うなどし、付近への立ち入りを一時禁止した。

関連記事

更新情報をSNSで配信しています!
「林檎舎ニュース」アカウントのツイッターフォロー・Facebookページに
【いいね!】お願いします!
Return Top