林檎舎ニュース

投稿日:2016/04/09

【訃報】マツダワークスドライバー 片山義美さん75歳で死去:一時代を築いたレースドライバーがこの世を去る

【訃報】マツダワークスドライバー 片山義美さん75歳で死去:一時代を築いたレースドライバーがこの世を去る

訃報です。マツダのワークスドライバーとして、ツーリングカーレースなどで活躍し一時代を築いた片山義美さんが75歳で亡くなっていたことが明らかになりました。享年75歳でした。Twitterでは片山さんの訃報を悲しむ声が相次いでいます。

1964年にマツダと契約した以降、ファミリア・ロータリークーペでのスパ24時間レース参戦や、サバンナRX-3などのマシンで、宿敵「スカイラインGT-R」と激闘を繰り広げた国内ツーリングカーレースなど、マツダのエースドライバーとして長きに渡って活躍。また80年代から90年代初頭には同社のグループCカーでの開発にも携わり、ル・マン24時間レースにも参戦していました。

【ドライバー片山義美さん死去】ツーリングカーレースやル・マン24時間などで活躍し、一時代を築いたドライバー、片山義美さん死去。75歳だった。
サバンナでGT-Rを追い回す姿はリアルタイムじゃ見れなかったけど、ル・マンでヨーロッパ勢を相手にして戦った勇姿は忘れません。
ご冥福をお祈りします。
#片山義美
片山義美さん亡くなられたのか・・・体を悪くしているとは聞いていたけど、いざとなるとショックだ。三次のイベントのときに夜中に抜け出してファミレスで片山さんと長く話したのを思い出すなあ。

訃報:往年のマツダワークスドライバー、片山義美さん亡くなる

 マツダのワークスドライバーとして、ツーリングカーレースやル・マン24時間などのさまざまなレースで活躍し、一時代を築いたドライバー、片山義美さんが亡くなっていたことが分かった。75歳だった。

 片山さんは1940年5月15日生まれで兵庫県出身。61年に二輪ロードレースへとデビューすると、同年のスズキワークス時代にはロードレース世界GPの50ccクラスでシリーズ2位という成績を残すなど、当初はライダーとして活躍した。

【参照】ヤフーニュース

片山義美さんの訃報に悲しみの声が相次ぐ

関連記事

更新情報をSNSで配信しています!
「林檎舎ニュース」アカウントのツイッターフォロー・Facebookページに
【いいね!】お願いします!
Return Top