林檎舎ニュース

投稿日:2016/06/05(最終更新:2016/06/06)

川崎市ヘイトデモ(6/5)カウンターのシットイン・抗議のデモ中止コールで中止へと追い込まれる:デモ反対住民が集結

川崎市ヘイトデモ(6/5)カウンターのシットイン・抗議のデモ中止コールで中止へと追い込まれる:デモ反対住民が集結

6月5日、神奈川県川崎市中原区でヘイト団体が計画していたヘイトスピーチデモが出発直後に中止となりました。この日は十数人が日の丸やプラカードを持って集まったものの、ヘイト団体によるヘイトスピーチデモに反対する市民(カウンター)が数百人で取り囲み、デモ中止コールとシットイン(座り込み)で中止を訴え、神奈川県警も中止説得したという。

ヘイト団体はこれ以上進めないと判断したのか、12時前に中止を決定・発表しました。

6日の午前10時ごろからデモに反対する市民が中原平和公園に集まり、反対する市民がデモ団体を取り囲み「ヘイトデモ中止」「帰れ」と叫び、中止コールを行い路上に座り込んだ。

一方、デモ隊は午前11時ごろに集まってプラカードを掲げ10メートルほど進んだが、反対する市民に阻止されてそれ以上進めないまま、警察の説得に応じて11時40分ごろ、中止を決めたとみられる。

川崎市川崎区の桜本地区で在日コリアンが理事長を務める社会福祉法人が、同地区周辺でのヘイトスピーチデモ禁止を申し立てたのに対し、横浜地裁川崎支部は2日、デモ禁止の仮処分決定を出していました。

川崎市も周辺の公園使用を不許可処分としていましたが、主催団体の男性は場所を変更し、川崎市中原区の「中原平和公園」からのデモ実施をネット上で予告。
神奈川県警は、デモのための道路使用を許可していた。


6月5日の川崎ヘイトデモ、県警は許可・横浜地裁は公園の使用を認めず

 民族差別を助長するヘイトスピーチ(憎悪表現)を繰り返している男性らが、川崎市中原区で5日に計画しているデモについて、神奈川県警と県公安委員会は3日、道路使用とデモの実施をそれぞれ許可した。

 県警は、「公共の安寧」に直接危険が及ぶケース以外は許可すると定めた県条例などをもとに判断したとしている。川崎市は川崎区の公園の使用を認めず、男性らはデモの場所を変更していた。横浜地裁川崎支部も川崎区の一部の施設周辺でのデモを禁じる仮処分を出しており、対応は分かれた。

 県警などによると、男性は公園の使用が不許可となった後、中原区の公園周辺などの道路で数十人規模のデモを実施するとして、中原署に道路交通法に基づき道路使用許可を1日に申請した。県公安委員会にも県条例に基づいてデモの実施を申請した。

神奈川県警と県公安委員会は道路使用とデモの実施をそれぞれ許可し、横浜地裁川崎支部はデモを禁じる仮処分を出し、同様に川崎市も川崎区の公園の仕様は認めていませんでした。

集合すらままならない…川崎ヘイトデモ、現場の様子は?

中止だとアナウンスがなされ、ほどなくして差別主義者によって凶々しく掲げられた日の丸の旗も下げられた。 デモを中止にできたのは初めてだ。
更に川崎の抗議者の多くは「しばき隊」「男組」では無く、地元住民だったこともデモ中止という結果に至った要因の一つでは。また、デモ隊の掲げたプラカードには差別の意図が込められたものが散見された。一方で渋谷の、建前は「共産党糾弾」だ。
ヘイトデモの常連をちらほら見掛けるが、カウンターに蹴散らされて集合出来ず。
警察が守らなきゃ、集まる事すら出来ないんだよ。
もっと早くこうしてたら、彼らのデモは簡単に止められてたのに。
#0605川崎ヘイトデモを許すな
ヘイトデモ中止、の大コール中
#0605川崎ヘイトデモを許すな
#0605川崎ヘイトデモを許すな シットイン開始
反対住民が集まりデモ中止コールとシットインと呼ばれる座り込みを行った結果、午前11時40分頃に中止を決めたとみられています。

関連記事

更新情報をSNSで配信しています!
「林檎舎ニュース」アカウントのツイッターフォロー・Facebookページに
【いいね!】お願いします!

コメント一覧

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. もちろん、ヘイトデモなど支持するものではありませんが、一度許可されたものが、警察に強要されるような形で中止に追い込まれるなど、果たして手放しで喜べる話なのか疑問です。法律は万人に平等であるので、次は、いま喜んでいる人たちに降りかかることもありえるのです。

Return Top