林檎舎ニュース

投稿日:2016/02/16

川崎老人ホーム転落殺人事件 今井隼人容疑者が3人殺害を認める供述

川崎老人ホーム転落殺人事件 今井隼人容疑者が3人殺害を認める供述

神奈川県川崎市の有料老人ホーム「Sアミーユ川崎幸町」で一昨年11月と12月に相次いで老人がベランダから落下し死亡した事件で、当時施設に勤務していた今井隼人容疑者(23)が殺人の疑いで逮捕、送検されました。

今井容疑者は「殺害するつもりだった」と他2人の転落死についても殺害を認める供述をしています。

今井隼人容疑者:インタビュー中の画像

この今井隼人は
『俺様がその気になれば生かせてあげる事もできるし、殺す事もできる。』とその時の自分の気持ち次第で命をコントロールする優越感に浸って死神のつもりだったんだろうな。

病院等で国内に関わらず海外でもありがちな凶悪事件

老人ホーム入居者投げ落とし「元職員・今井隼人」逮捕!3人殺害供述
 おととし、川崎市の老人ホームで80代と90代の入所者3人がベランダから相次いで転落して死亡し、このうち87歳の男性を落として殺害した疑いで逮捕された元職員の男が、ほかの2人についても殺害を認めていることが、捜査関係者への取材で分かりました。警察は連続殺人の疑いがあるとみて捜査を進めることにしています。

 川崎市幸区の有料老人ホーム「Sアミーユ川崎幸町」では、おととし11月と12月の2か月間に、86歳から96歳の男女3人の入所者がベランダから転落して死亡しました。警察はこのうち最初に死亡した丑澤民雄さん(87)を4階のベランダから落として殺害したとして、当時施設に勤務していた今井隼人容疑者(23)を殺人の疑いで逮捕し、16日朝、検察庁に送りました。今井容疑者は「殺害するつもりだった」という趣旨の供述をして容疑を認めているということです。

 警察の調べによりますと、3人が転落した時間帯に勤務していたのは今井容疑者だけで、調べに対して、今井容疑者がほかの2人についても殺害を認めていることが捜査関係者への取材で分かりました。3人はいずれも個室で暮らしていて、深夜に投げ落とされたとみられています。

 警察は連続殺人の疑いがあるとみて捜査を進めるとともに、事件のいきさつや動機などを詳しく調べています。

関連記事

更新情報をSNSで配信しています!
「林檎舎ニュース」アカウントのツイッターフォロー・Facebookページに
【いいね!】お願いします!

コメント一覧

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 忙しいとか夜勤が多いとかふざけるな
    そんなの介護士だけじゃない
    どれも人殺していい理由になるわけないだろ
    自分より弱い相手に手を出すのは頭おかしい

Return Top