林檎舎ニュース

投稿日:2015/12/10

12/9にWindowsUpdate配信「KB3114409」が原因でOutlook2010がセーフモードで起動する場合の解除・復旧方法など

12/9にWindowsUpdate配信「KB3114409」が原因でOutlook2010がセーフモードで起動する場合の解除・復旧方法など

12月9日に配信されたWindowsUpdateファイル「KB3114409」の更新プログラムをインストールすると「Outlook2010」がセーフモードで起動してしまう不具合が多く報告されています。11月11日にWindowsUpdateで配信されたアップデートのようにPCが立ち上がらなくなるという事はありませんが、Outlook2010を使用している方の多くが「KB3114409」をインストールしてしまったようです。

現在は「KB3114409」が原因だと発見され、該当ファイルの配信は止まっています。この記事ではOutlook2010がセーフモードで起動してしまう場合の対処方法・解除方法として「KB3114409」ファイルの削除方法をまとめて記載しています。

Outlookがセーフモードでしか立ち上がらない現象は本日のWindowsUpdate更新プログラム「KB3114409」に不具合があった為起こる現象。プログラムのアンインストールでインストールされた更新プログラムからアンインストールすればオッケー。既に配信は止まっている。
昨日のWindowsアップデート以降、outlook2010がセーフモードでしか起動しなくなり、調べたら「KB3114409」という更新プログラムのバグだそう。
コントロールパネル→プログラム→プログラムと機能→インストールされた更新プログラム、と開いて削除したら直った。
対処法を調べた所、「Outlook 2010」の更新プログラム、「KB3114409」が不具合を起こしてたとのことで、こいつを削除すれば、元に戻りました・・(-_-;)ちなみに、「KB3114409」は現時点では再配信はされてない様です・・(-_-;)
Outlook2010がセーフモードで立ち上がってしまう原因「KB3114409」ファイルをアップデートしてしまった場合の削除方法

【Windows7の場合】
1) スタート>コントロールパネル>プログラムのアンインストール と開きます
2) インストールされた更新プログラムを表示 と開きます
3) ”KB3114409″ を探して右クリックから、アンインストールします

【Windows8/8.1の場合】
1) Windows + I にて、設定チャームを表示、コントロールパネルをクリックします
2) プログラムのアンインストール と開きます
2) インストールされた更新プログラムを表示 と開きます
3) ”KB3114409″ を探して右クリックから、アンインストールします

【Windows10の場合】
1) スタートボタンを右クリックし、コントロールパネルをクリックします
2) プログラムのアンインストール と開きます
2) インストールされた更新プログラムを表示 と開きます
3) ”KB3114409″ を探して右クリックから、アンインストールします

【参照】http://pcclick.seesaa.net/article/430929413.html

/div>

関連記事

更新情報をSNSで配信しています!
「林檎舎ニュース」アカウントのツイッターフォロー・Facebookページに
【いいね!】お願いします!
Return Top