林檎舎ニュース

投稿日:2016/02/06

京王線笹塚駅構内で人身事故:事故現場付近では物凄い警笛の音が確認される

京王線笹塚駅構内で人身事故:事故現場付近では物凄い警笛の音が確認される

2月5日の午後11時すぎに京王線「笹塚駅」構内で発生した人身事故の影響で運転を見合わせていましたが、6日午前0時15分ごろに運転を再開しています。事故発生当時(5日23時ごろ)現場付近にいた方の投稿では凄いクラクション(警笛)の音がし、高架下まで“何か”が落ちてきたという話です。

【京王線で運転見合わせ】
京王線は笹塚駅構内で起きた人身事故の影響で、午後11時16分ごろから新宿と高尾山口、それに橋本を結ぶ全線で運転を見合わせています。運転再開は6日午前0時40分ごろを見込んでいるということです。
この影響で、都営新宿線は京王線への乗り入れ運転を見合わせています。
(2016年2月5日 23:45 NHK)
【京王線 運転再開】
京王線は、笹塚駅構内で起きた人身事故の影響で、5日午後11時すぎから新宿と高尾山口、それに橋本を結ぶ全線で運転を見合わせていましたが、6日午前0時15分に運転を再開しました。
京王線笹塚駅の高架下で話してたら、電車から物凄いクラクションが鳴り響き…その後何かをひく音がして、何かが落ちてきた。。。。
京王線は、笹塚駅構内で起きた人身事故の影響で、5日午後11時すぎから新宿と高尾山口、それに橋本を結ぶ全線で運転を見合わせていましたが、6日午前0時15分に運転を再開しました。

関連記事

更新情報をSNSで配信しています!
「林檎舎ニュース」アカウントのツイッターフォロー・Facebookページに
【いいね!】お願いします!
Return Top