林檎舎ニュース

投稿日:2016/01/30(最終更新:2016/08/27)

SMAP木村拓哉 ラジオ「What’s up SMAP」で謝罪会見後初のコメント発表:タイムリープ説はキッパリ否定し話題に

SMAP木村拓哉 ラジオ「What’s up SMAP」で謝罪会見後初のコメント発表:タイムリープ説はキッパリ否定し話題に

独立・解散報道から生放送での謝罪会見を行ったSMAPの木村拓哉さんが担当するラジオ番組「木村拓哉のWhat’s up SMAP!」の2016年1月29日放送の番組内で、SMAP×SMAP(スマスマ)でのメンバー合同謝罪会見後に初めて謝罪コメントを出したと話題に。

番組冒頭からリスナー(視聴者)に対し謝罪のコメントを伝えた上で、解散(独立・分裂)報道の最中にネット上で噂となり有志の手で動画まで作成された「木村拓哉タイムリープ説」をキッパリ否定したことで更に注目が集まっています。

このタイムリープ説(時空の旅・時空跳躍)に関して否定するのは当然ですが、番組進行の途中で“溜め”ながら発言するという一面も見られました。

木村拓哉のWhat's up SMAP:謝罪コメント


1/29の木村拓哉のWhat’s up SMAP
ワッツ聴けてないスマヲタさんへ~

是非聴いてほしい
拓哉キャプテンが騒動の件について
少し触れてくれました

#ワッツ #We_Love_SMAP_Forever

キムタク「心配をかけてごめん」ラジオで騒動謝罪
#キムタク #SMAP #解散騒動 #木村拓哉
( ゚ε゚,,)洋楽セレクト
『自分に気合いを入れたい時』
1 Aerosmith 『Walk this way』
2 BON JOVI 『Wonted dead or alive』
3 EMNEM 『looseyourself』
#ワッツ
#木村拓哉
木村拓哉のWHAT’S UPで木村拓哉に対して
「ネットでタイムリープしてる説が出てるの知ってますか?」
っていうお便りがあって、本人も
「友人から聞いてましたけど僕にそんな能力……ありま…………せん!」
って言ってて正直笑ってしまった
洋楽の話になったところで…久々にキャプテンの「音楽セレクト」企画!
今回は「自分に気合いを入れたい時に聞きたい洋楽ベスト3――――!!」

キャプテンが、自分自身に気合いを入れる時に聞きたい洋楽を選曲!
これ聴くと、気合い入る!テンション上がる!そんな曲です!!

木村拓哉が気合いを入れたい時に聞きたい洋楽 第3位はEminemの「Lose Yourself」
木村拓哉が気合いを入れたい時に聞きたい洋楽 第2位はBon Joviの「Wanted Dead Or Alive」
木村拓哉が気合いを入れたい時に聞きたい洋楽 第1位はAerosmithの「Walk This Way」

【2016年1月29日放送で流された楽曲一覧】
M1. 前に! / SMAP
M2. Lose Yourself / Eminem
M3. Wanted Dead Or Alive / Bon Jovi
M4. Walk This Way / Aerosmith
M5. シャレオツ / SMAP

【参照】What’s up SMAP公式ブログ「What’s海賊団」2016年1月29日放送分より一部抜粋

 SMAPの木村拓哉(43)が29日、パーソナリティーを務めるTOKYO FM『木村拓哉のWhat’s up SMAP!』(毎週金曜 後11:00)に出演。番組冒頭、SMAPの独立・解散騒動について言及し、「みんなのことをお騒がせしまして、いろんな思いをさせてしまった方、いると思うんですけど、心配かけました。ゴメンね」とリスナーに謝罪した。

 番組オープニングで、「木村はタイムリープの能力を持っていて、SMAP解散阻止のために何度も時空の旅を繰り返している」というネット上で話題になっていたネタについて言及。「この話は僕も知り合いに聞きまして。今年になってからのSMAPにまつわる一連のことで僕が何度もタイムスリップして問題を解決している、とか言われていますが、その能力は、ありま……せん。と溜めて言うのも恥ずかしいんですけど」と、自ら語った。

 続けて「でも、こんな噂が出るくらいみんなのことをお騒がせしました。いろんな思いになった方、いろんな思いをさせてしまった方、いると思うんですけど。本当にこの『What’s』の乗組員(リスナー)にも、ファン皆さんにも心配かけました。ゴメンね」と騒動について謝罪。

 木村は騒動のさなかの15日の同番組でも、「ちゃんといつか自分の言葉で話せる時がきたら、自分の言葉で、このWhat’s(ワッツ)でお話させていただきたいと思っております」と、メンバーとして初めて騒動に言及していた。

【参照】オリコンスタイルより一部抜粋

関連記事

更新情報をSNSで配信しています!
「林檎舎ニュース」アカウントのツイッターフォロー・Facebookページに
【いいね!】お願いします!
Return Top