林檎舎ニュース

投稿日:2015/12/08

キングジム:モバイルPC「ポータブック XMC10」を発表!変形式キーボード搭載で文具に近い使い心地か

キングジム:モバイルPC「ポータブック XMC10」を発表!変形式キーボード搭載で文具に近い使い心地か

文具メーカー「キングジム」が12月8日に発表したモバイルPC「ポータブック XMC10」が注目を集めています。ポータブックは8型液晶を搭載した小型パソコンですが、変形式のキーボードを搭載し12型相当のキーボードとなるのが特徴。狭い場所でもストレスなく使えるのがポイントでしょうか。

スペックはモバイルノートに近いスペックですが、コンセプトが“文具のように持って出かけて、これ(ポータブック)だけで仕事ができる”なので、文具のように使いたい人に向いていそうな商品です。

ネット上での反応は上々ですが、店頭予想価格が9万円前後と少し高めなのがネックとなりそうです。発売日は2016年2月12日予定。

キングジム:ポータブックXMC10 紹介1
キングジム:ポータブックXMC10 紹介2
キングジム:ポータブックXMC10 紹介3

あ…ありのまま今起こった事を話すぜ!キングジムは創業以来、愚直に文房具を作ってきたんだが、ついに、パ、パパ、パソコンを作っちまった…な、なにを言ってるかわかんねぇと思うが、おれも何が起こったかわからなかった……
_ 人人人人人人人人人人人人 _
>キングジムからパソコン爆誕 <
 ̄ Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y  ̄
【本日発表】“使いやすさ”と“携帯性”を両立した新発想のモバイルPC「ポータブック」XMC10。発売予定日は2016年2月12日、本体価格はオープン価格です。
開発担当「『ポータブック』を開発するキッカケ。私は出張が多く、モバイルPCやタブレットなど今まで色々なツールを使ってきた。以前はハイスペックなノートPCを持ち歩いていたが、出張先でプレゼンを行う前に不便を感じる出来事があった」

開発担当「プレゼンでプロジェクターに繋ごうとしたら、使っていたPCにはVGA端子が無かった。仕方なく変換ケーブルを用意して事なきを得たが、それ以来多くの変換コネクタを持ち歩くようになった」

開発担当「そこで、それほどハイスペックでなくても良いので、小さくて、作業性もよく、手軽に持ち歩けるPCが欲しいな、と思ったのが開発のキッカケ」

開発担当「『ポータブック』の最大の特長はキーボード。スライドアーク キーボードは、12インチPCに匹敵する18mmのキーピッチと、打ち心地のよい1.5mmのキーストロークを持つフルキーボード」

開発担当「『ポータブック』は最新のマイクロソフトwindow10 Home64ビットとOffice Mobileを搭載。オフィスプラス365サービスも付いているので、すぐにビジネスに活用できる」

(…… #きこえますか …きこえますか…フォロワーのみなさん…キングジムです…今…皆さんの…心に…直接… 呼びかけています…弊社…パソコン…作りました…フォロワーの皆さん…新しいパソ…パソコンの…ページを…閲覧しろください… http://www.kingjim.co.jp/sp/portabook/xmc10/ … )
文具メーカーのキングジムがPC市場に参入。8型液晶で12型相当の変形キーボード搭載

株式会社キングジムは、同社初となる変形式キーボード搭載のクラムシェルノートPC「ポータブック XMC10」を2016年2月12日に発売する。

ポータブックは、文具のように“さっと持って出かけて、これだけでどこでも仕事ができる”をコンセプトにしたモバイルノート。可搬性を上げるために、タブレットに近い8型の液晶を採用。
これにより、小さめの女性のバッグにも楽に収納できる。

一方で、8型のままではキーボードが窮屈になってしまうため、同社は、左右2つに分離したキーボードがそれぞれ内側に90度回転して一体化し、12型相当のキーピッチを持つ独自キーボードを1年をかけて開発した。これにより、使用時にキーボードの両端は筐体の幅からはみ出るものの、奥行きには影響がないため、電車や飛行機の小さなテーブルの上でも利用することができる。
また、回転時にキーボード下のレールが露出しないようにすることで、埃の侵入を防ぐ構造としている。キーピッチは横18mm、縦15.5mm、キーストロークは1.5mm。

キーボードが大きな面積を占めるため、タッチパッドは採用されず、キーボード中央に光学式ポインティングスティックを備え、手前側には左右クリックとスクロールボタンのみを配置する。

可搬性向上のため、充電についても、Micro USB端子を採用し、一般的なモバイルバッテリでの充電に対応させた。

主な仕様は、Atom x7-Z8700(1.6GHz、ビデオ機能内蔵)、メモリ2GB、ストレージ32GB、1,280×768ドット表示対応TFT液晶、Windows 10 Home、Office 365サービス(1年分)を搭載。店頭予想価格は9万円前後。

インターフェイスは、IEEE 802.11b/g/n無線LAN、Bluetooth 4.0、HDMI出力、ミニD-Sub15ピン、USB 2.0、SDカードスロット、音声入出力。この内、HDMI、ミニD-Sub15ピン、USB 2.0、音声入出力、電源端子は背面にあり、通常はカバーで覆われている。カバー部分は開けると、若干本体奥が持ち上がり傾斜がつく。また、USB 2.0は、やや奥まった位置にあるため、マウス用小型レシーバーなどは、着けたままカバーを閉められるようになっている。

本体サイズは折りたたみ時が約204×153×34(幅×奥行き×高さ)、使用時が約266×153mm(幅×奥行き)。重量は約830g。バッテリ駆動時間は約5時間。

【参照】ヤフーニュース

関連記事

更新情報をSNSで配信しています!
「林檎舎ニュース」アカウントのツイッターフォロー・Facebookページに
【いいね!】お願いします!
Return Top