林檎舎ニュース

投稿日:2016/04/23

新名神高速の橋桁落下事故 工事請負は横河ブリッジと三井住友建設だと判明:横河ブリッジの会見は釈然とせず…

新名神高速の橋桁落下事故 工事請負は横河ブリッジと三井住友建設だと判明:横河ブリッジの会見は釈然とせず…

4月22日の午後4時半頃に神戸市北区道場町平田「新名神高速道路」工事現場で発生した橋桁(橋ゲタ)落下事故の詳細が少しずつ明らかになってきています。この事故では作業員10人が巻き込まれ、この内2人の死亡が確認されている事故です。

今回事故が発生した工事は西日本高速道路(NEXCO西日本)が発注し、横河ブリッジ・三井住友建設が請け負ったものだと判明。22日夜には横河ブリッジの親会社「横河ブリッジホールディングス」が会見を行ったものの、詳しい情報は23日(土)に公表するとしただけで、事故原因などについては発表されませんでした。

横河ブリッジは1997年9月に北海道横断自動車道千歳ジャンクション(千歳市)にて今回と同様の橋桁落下事故を起こしており、当時を知る人からは厳しい意見も出ています。

新名神の橋梁落下の担当工事、三井住友建設・横河ブリッジのJVか・・
橋桁落下事故の現場は三井住友建設・横河ブリッジJV か。
三井住友建設は技術力はあるのだけど、他社より施工ミスを起こしやすい印象。
というか下請けの監理が甘い感じ。
横河ブリッジの親会社「横河ブリッジホールディングス」(東京都港区)の高木清次総務部長は「なぜ、このようなことが起きたのか、正確なことは分からない。大変な事故を起こし、誠に申し訳ありません」と報道陣に話し、頭を下げた。
橋桁落下事故、ニュースの映像を見ると鋼橋だね、それだと横河ブリッジが担当している部分なのかな、三井住友建設はコンクリのPC橋担当だよね
神戸の橋桁事故、横河ブリッジと三井住友建設か…
乙型JVだから直接の責任は横河ブリッジだろうけど、三井住友もJVの親で入ってるしまた株価がヤバそうだ
あらら、ネクスコ西日本がやってしまったようで…。元請けは三井住友建設と横河ブリッジのJVのようで。
名神高速道路:橋桁落下事故:工事請負元

<神戸・橋桁落下>施工会社、97年にも同種事故

 横河ブリッジの親会社「横河ブリッジホールディングス」(東京都港区)の高木清次総務部長は「なぜ、このようなことが起きたのか、正確なことは分からない。大変な事故を起こし、誠に申し訳ありません」と報道陣に話し、頭を下げた。担当役員が現地に向かうなど情報収集を進めており、「明日(23日)、会社として分かっている情報を公表する」と述べるにとどめた。

 横河ブリッジは1997年9月、今回と同じ送り出し架設工法を用いた北海道横断自動車道千歳ジャンクション(千歳市)でも、橋桁を落下させる事故を起こしたことがある。注意義務を怠って作業員5人を死傷させたとして、総括責任者らが業務上過失致死傷容疑で書類送検された。

【参照】ヤフーニュース(4月22日 23時52分配信)

新名神高速工事元請け企業は「横河ブリッジ」「三井住友建設」

関連記事

更新情報をSNSで配信しています!
「林檎舎ニュース」アカウントのツイッターフォロー・Facebookページに
【いいね!】お願いします!

コメント一覧

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 元土木技師

    同じ様な事故が繰り返されている。事例は違うが 、トンネル工事等でも30年以上前と似た事故が最近生じた。この事例などは前の事故を教訓として事例集で継承していけば防げた筈だったが。

  2. 工事急ぎ過ぎたのかな

Return Top